観光産業テレワークに関するアンケート

シンガポールの今-ウィズコロナからポストコロナに向けて観光業の現状

 F-ness International(Singapore)代表取締役の赤井亮太です。シンガポールは、雨が降らない日が続いています。ただ、例年に比べて涼しく、最低気温24~25度、最高気温30~32度くらいで日差しは強いものの湿気がなく、過ごしやすいです。本日はシンガポールの今をレポートしてみたいと思います。

シンガポールの今

 シンガポールは依然としてコロナ禍によるいくつかの制限があるものの、ほぼ正常に戻っています。下記に、いくつか制限の例を挙げます。

-外出時のマスク着用義務(マスクをしていない場合、300シンガポールドルの罰金が科せられる)

-1グループ8人の制限(レストランでは8人以上が同一のテーブルには座れません)

-飲食店の10時半閉店(アルコールの提供は9時半まで)

-どこへ行くときも携帯電話でスキャンを実施
(GPSと連動して行動をトレースし、コロナ患者が出た場合には、濃厚接触者を早期にあぶり出すのが目的)

 日本でも、「飲食店は時短営業をしてください」「会食の人数を4人や5人にしてください」と政府が言っていると思いますが、大きな違いは、日本は要請ですが、シンガポールは強制で、違反の場合には罰金、外国人は最悪の場合、国外退去処分があります。このコロナで、民主主義vs社会主義ということも議論されたりしますが、その構図に当てはめると、アメリカやイギリス、日本は民主主義のグループ、そして中国やシンガポールは社会主義のグループに入ります。

 また、シンガポールはサーキットブレーカーと呼ばれるロックダウンも実施しましたし、現在もそこからの段階的な解除状態にあり、サーキットブレーカー後、Phase1に移行し、Phase2を経て現在はPhase3にあります。非常に長期の制限状態にありますが、結果的にコロナを抑え込めた状況にあり、国民はおおむね満足しているように感じます。

 ここで、少しコロナ患者の状況をおさらいしてみましょう。

国(地域)感染者死者人口人口あたり感染者数人口あたり死者数
世界1億1470万5344人264万8569人77億1500万人0.0149人0.000343人
アメリカ2873万9797人51万5116人3億2820万人0.0876人0.001570人
インド1112万4527人15万7248人13億5300万人0.0082人0.000116人
ブラジル1058万7001人25万5720人2億950万人0.0505人0.0001221人
ロシア426万8215人19万2323人1億4450万人0.0295人0.001331人
イギリス418万8400人12万3296人6665万人0.0628人0.001850人
日本43万5016人 8026人1億2650万人0.0034人0.000063人
韓国9万0372人1606人5164万人0.0018人0.000003人
中国8万9923人4636人13億9300万人0.0001人0.000003人
シンガポール5万9956人29人563万9000人0.0106人0.000005人


 これを見ると、シンガポールの死者数は非常に少ないことがわかると思います。なんと100万人に5人という比率です。先述した通り、トレースにより早期発見が可能だったことが死者数を少なくできた一因だろうと考えられています。

 ちなみに、日本もマスコミは、大々的にコロナ不安をあおっていますが、人口あたりの感染者数(1000人に3人)、死者数(10万人に6人)ともに世界でも最も少ない部類に入ることがわかります。数字で見ると少ないわけです。さらに、インフルエンザは毎年1,000万人以上が罹患し、インフルエンザ関連死は毎年1万人と推計されていますので、それと比較しても圧倒的に少ないです。あくまで私見ですが、ワクチンや治療薬がなかったことで人々を不安に陥れましたが、インフルエンザと比較しても感染力は低く、危険度も低いと言えるのではないでしょうか。

 上記で述べたように、シンガポールは依然として制限は付いているものの、コロナをほぼ抑え込み、日常が戻ってきているという状態です。一方で、観光業(特に旅行業)はまだまだ回復していません。

関連ニュース