キャッシュレス決済キャンペーン
・1980年生まれ
・株式会社ビュート 代表取締役
 URL : https://www.bute.co.jp/
・2002年留学先のバンクーバーでクルーズに出会い、日本でクルーズ旅行を広めようと決心。大手旅行会社や、業務渡航に特化した中小旅行会社での経験を積み、2007年にクルーズ専門旅行会社を創業。
クルーズ運航会社を創業し、日・台・韓・中の4か国を結び、東アジアの相互理解を深める事業を行うことが夢。

最新のプロコメ

  • 出典:トラベルボイス(観光産業ニュース)

    沖縄県、観光データプラットフォームを構築へ、データ活用で魅力発信や地域消費の拡大を目指す

        • 村田 洋一
      • 株式会社ビュート 

    求められているのは、どうすればピーク時に北部にスムーズにいけるか。 どうすれば、那覇の治安が改善するか。 どうすれば、もっと沖縄でお客さんに消費をしてもらえるかを考えるべきで、アルファベットとヨコモジの計画では集客なんかできません。 モノレールの延伸とバスを組み合わせ、「渋滞知らず北部直行便」を売り出すとか、計画中のUSJの跡地のアミューズメントパークの情報を計画的に発信するとか、沖縄のパワースポットを厳選し、周遊バスを走らせて歴史を含めたスタンプラリーを実施するなど、今ある資産を尖らせて、特徴を鋭く突く方が効果的ではないでしょうか。 wifiが不便だから沖縄観光を止める人はいないでしょうし、補助金が終われば送料負担で息詰まるECと観光地の電子マネー対応は全くの別物。MaaSは流行ですが、それよりも渋滞解消が先であり、空港に桟橋を作ったら?と本当に思う。 計画に、「なんとなく流行を追ってみました」という、実態とはかけ離れたコンサルっぽい香りがするのは私だけでしょうか。
    コメント全文を読む 04:02 1

  • リアルの旅行の代替ではないオンラインツアーで地方創生を支える-グローカルプロジェクト代表 河崎靖伸氏

        • 村田 洋一
      • 株式会社ビュート 

    地方創生の分野が、今後もっと拡大することは間違いないと思います。 しかし、どのように集客し、何をトリガーに宣伝広告を行うのか。どうやってブランディングしていくのかを考えなければ、価格勝負に巻き込まれてしまいます。 ポイントは、自らの施設が他と比べることのできない、どの様な魅力を持っているかを、直接お客様に伝える力であり、マーケティング力であり、その地域をどれだけ理解し愛情をもっているかに懸かっているのではないかと思います。 残念ながら、商品の魅力を台無しにして、価格勝負を仕掛けるのもまた旅行会社自身。 地域の魅力や歴史、地域にかかわる人の思いを汲み取らず、安売りには安売りで対抗し、企画の勝負よりも価格勝負とボリュームディスカウントで勝負をし続け、結果ホテル、バス会社、ツアーオペレーターなど、より弱い立場の人たちをを買い叩いてきたこれまでの歴史については、大いに反省すべきです。 地域創生まで、価格勝負という負の連鎖に巻き込まれないよう、設計段階から地域に密着し、どうすれば価格勝負に巻き込まれないのか、地域、歴史、資産、自然、ありとあらゆる魅力を総動員し、単なるディスカウンターにはない魅力を全面に出し、隙を与えないよう守備を徹底的に固めることもまた、重要なポイントとなるでしょう。
    コメント全文を読む 02:29 2

  • 出典:WEB CRUISE

    飛鳥II、2023年オセアニアグランド発表、2022年は中止

        • 村田 洋一
      • 株式会社ビュート 

    海外のロングクルーズを安全に運行するには、少々時期尚早なので、飛鳥Ⅱの判断は仕方ない。 しかし、10日間程度の海外クルーズは、来年3月には実施できる体制を整えるべきです。 人気のなかった菅政権ですが、ワクチン接種を加速することに妥協しなかった努力は、数ヶ月後に実を結ぶことでしょう。 ワクチンパスポートと帰国後隔離の緩和、撤廃はセットです。 これを年内に実現できれば、2022年は海外旅行もクルーズも、回復軌道に乗せることができるはずです。 皆で声を上げていきましょう。 駅で挨拶している国会議員を見かけたら、素通りせずに困難を訴え、海外旅行の回復をこの手で掴んでいきましょうよ。 自ら動く以外に道はありません。
    コメント全文を読む 9月23日 3