DXに関するアンケート
・1980年生まれ
・株式会社ビュート 代表取締役
 URL : https://www.bute.co.jp/
・2002年留学先のバンクーバーでクルーズに出会い、日本でクルーズ旅行を広めようと決心。大手旅行会社や、業務渡航に特化した中小旅行会社での経験を積み、2007年にクルーズ専門旅行会社を創業。
クルーズ運航会社を創業し、日・台・韓・中の4か国を結び、東アジアの相互理解を深める事業を行うことが夢。

最新のプロコメ

  • 出典:TRAICY(トライシー)

    JAL、国際線燃油サーチャージを引き上げ 欧米往復7万円超え

        • 村田 洋一
      • 株式会社ビュート 

    これは痛い。 水素エネルギーによるエネルギー革命が起こらない限り、産油国の意向に経済が縛られ続ける不幸な状態が続きますね。 脱石油であるなら、電気ではなく水素なんですよね。 旅行会社もしっかり利益を上げ、他人に頼るのではなく、水素エネルギーの研究開発に投資する力を持たなければならないということでしょう。
    コメント全文を読む 4月20日 1

  • 出典:聯合ニュース

    日本旅行業界関係者 約2年ぶりに韓国の観光地を視察

        • 村田 洋一
      • 株式会社ビュート 

    地理的な距離の近い両国ですから、歴史的、政治的な意見の相違はありますが、それを超越するのが、旅行による相互理解です。 似たような言葉を話すし、似たようなものを美味しく感じるし、同じようなところが多いから、結局旅行先として優れているといます。 旅行業界の果たす役割は、お互いに認めて尊重し、呉越同舟で東アジアを盛り上げるパートナーとして、個人的なつながりの促進からスタートし、相互理解を深めることなのではないかと思います。
    コメント全文を読む 4月20日 2

  • 出典:WEB CRUISE

    豪西部でも受入再開、第1船はポナン「ル・ラペルーズ」

        • 村田 洋一
      • 株式会社ビュート 

    日本でも、現実的に考えれば、日本船と同規模のブティック船からの運行再開が現実的でしょう。 そういう意味では、シルバー・ミューズ/ウィスパーか、スターブリーズに期待、といったところでしょうか。 まずは最初に第一歩を踏み出すことが何よりも重要です。 一部の港が求める狂ったようなレギュレーションも、運行再開が実現すると、勝手に氷解するものと予想しています。
    コメント全文を読む 4月17日 1