ファクタリング個人事業主用10選。審査の甘いものはある?
個人事業主ファクタリング

法人や個人事業主が財産として持っている売掛債権を、ファクタリング業者と呼ばれる事業者が買い取ることにより、約束の債権支払い期日より早く資金を調達する方法・手段のことを、「ファクタリング」と呼びます。

未回収期間の長い売掛金の管理・回収や、普段の資金フローに苦慮している事業主にとって、非常に役に立つファクタリングですが、融資や借り入れより数段はーぢるが低いとはいえ審査があります。

そして、審査に通過しなかった場合は売掛債権を買い取ってもらえない、つまり資金調達できないため、開業して間もなくまだ社会的信用度に自信のない個人事業主やフリーランスの中には、ファクタリングの利用を検討してはいるけれど、審査に通るかどうか不安という方も多いはずです。

そこで今回は、数あるファクタリング会社の中でも、審査が甘く個人業者でも資金調達に成功しやすいと言われているところを、10社厳選して紹介したいと思います。

今回の記事は以下のサイトを参考に執筆しております。

出典: その資金調達大丈夫ですか?高額な手数料のファクタリングに注意

引用: 私たちがインターネットやコンピュータを安心して使い続けられるように、大切な情報が外部に漏れたり、ウイルスに感染してデータが壊されたり、普段使っているサービスが急に使えなくなったりしないように、必要な対策をすること。それが情報セキュリティ対策です。

【10社選抜】審査が甘くて個人申し込みOKのファクタリング

ネット上にある評判・口コミや、各業者の公式HPなどで公開されている審査通過率など、ファクタリング会社の審査に関する情報をリサーチした結果、「審査が甘く個人申込もOK」のファクタリング業者としては、以下の10社がその代表格として挙げられます。

まずは、各ファクタリングサービスの特徴を一覧表にまとめてみましたので、簡単に確認してみましょう。

サービス名 個人利用の可否 資金調達所要時間 取引の形態 調達可能金額 手数料 特徴
QuQuMo 可能 入金まで最速2時間 2社間取引 制限なし  1%〜14.8%
オンラインでの手続き・契約完結に特化していて入金スピードが速く、少額売掛債権の買取にも対応している(買取限度額なし)ため、個人業者の利用も多い。
フリーナンス 可能 最短30分の審査完了後に即日入金可能 2社間取引 1万円~1000万円 3%から10% 「即日払い」と呼ばれる資金調達サービスのほか、会員登録すれば、仕事中の事故や情報漏洩などの損害への補償が無料で付与される。
日本中小企業資金サポート機構 可能 振込まで最短2時間 2社間取引・3社間取引 制限なし 1.5%〜10% 個人業者や中小企業を資金面で手助けすることが目的の非営利団体運営のため、審査通過率が高く手数料も安め。
ラボル 可能 最短60分の審査完了後当日振り込み可能 2社間取引 制限なし 一律10% 手数料がいつでも一定なため、利用後の事業計画・財務計画が立てやすい、個人業sぢゃ・フリーランス特化型のファクタリングサービス。
ビートレーディング 可能 最短2時間で入金可能 2社間取引・3社間取引 制限なし 2.0%~12.0% 手続きの容易さと98%という高い審査通過率、スピーディーな入金を武器に、累計買い取り額1170億円を突破した、ファクタリング業界のパイオニア的存在。
ペイトナーファクタリング 可能 着金まで最短10分 2社間取引 1万円~25万円(初回) 一律10% やや初回買取可能額が少なめだが、その分着金までの速さが抜群で、手数料も一律10%とシンプルで利用しやすい。
イージーファクター 可能 最短1時間 2社間取引 非公開(50万以上で制限なし) 2.0%~8.0% サービス名通り手軽で簡単な手続きをすれば、最短1時間で資金調達可能で、手数料が安価かつ明瞭なのも魅力。
アクセルファクター 可能 最短2時間で入金可能 2社間取引 数万円~1億円 2%~ 最長半年後が支払期限の売掛金でも買取対応しているほか、請求書発行前の「注文書」の段階でも、買取に応じてくれることがある。
PAYTODAY 可能 最短30分 2社間取引 10万円~制限なし
1%~9.5% 業種・規模・法人個人に関わらず利用でき、茶巾までのスピードについては最短30分からと、業界最速の呼び声もある。
オルタ 可能 24時間以内に完了する審査終了後、即日入金可能 2社間取引 制限なし 2〜9% 手数料が低水準かつ、上限手数料がはっきりと提示されているのがうれしいポンとで、オンライン型ファクタリングにおいて、最高峰の実績を誇っている。

次項からは、審査が甘く資金調達の成功率が高いと評判で、かつ個人事業主やフリーランスでも問題なく申し込み可能なファクタリングサービス10社の詳細と、それぞれを利用するメリット・デメリットなどについて、解説いたします。

「QuQuMo」は審査が甘く個人向き!手数料も業界最安級

QuQuMoの画像

サービス名 QuQuMo online
運営会社 株式会社アクティブサポート
運営会社所在地 東京都豊島区東池袋3-9-12 ニットービル9階
電話番号 0120-670-680
営業時間 平日9:00〜19:00
調達可能金額 制限なし
取引形態 2者間ファクタリング
対応エリア 全国
個人の利用 可能
資金化所要時間 入金まで最速2時間
公式HP https://ququmo.net/

QuQuMoは、書類の提出から審査・契約・入金まで、担当者と直接対面することなく、オフィスや自宅にいたまま完結できるため、資金調達に人手や労力を多く咲くことが難しい、個人業者やフリーランスに人気のファクタリングサービスです。

運営会社である株式会社アクティブサポートは、数々の経済メディアにその活動を掲載されており、所属する専任スタッフは資金調達のサポートはもちろんのこと、豊富な財務経験・知識を活かし、今後の資金ニーズ予想やその他経営に関するアドバイスもしてくれます。

QuQuMoで資金調達するメリットとデメリット

QuQuMoは、自身のサービスメインに「on-line」と付けたことでもわかるとおり、数あるファクタリングサービスの中でも、来店や対面による手続き・契約を必要としない、完全オンライン完結型に特化しています。

そのため、手続きが非常に容易で準備書類も少なく、審査がスピーディーで資金調達まで、余計な時間や手間がかからない点が最大のメリットです。

また、債権譲渡登記不要の2社間ファクタリングにて資金調達が進むため、売掛債権売却によるマイナスイメージを心配する個人業者でも、安心して利用できるところも魅力です。

一方、完全オンライン化による、ファクタリング手続き・契約の効率化・合理化を進めた結果、やや受け答えなどが事務的で、冷たい印象を受けるという声も、ネット上ではちらほら見かけました。

「フリーナンス」は個人業者のお金の問題をカバーしてくれる

フリーナンスの画像

サービス名 フリーナンス
運営会社 GMOクリエイターズネットワーク株式会社
運営会社所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
電話番号 03-5458-8056(代表)
営業時間 24時間365日対応(メンテナンスを除く)
調達可能金額 1万円~1000万円
取引形態 2社間ファクタリング
対応エリア 全国
個人の利用 可能
資金化所要時間 最短30分の審査完了後に即日入金可能
公式HP https://freenance.net/

フリーナンスは、財務的に脆弱になってしまうことも多い、個人業者やフリーランスに向けた、「お金」や「保険」に関するサービスで、GMOグループがクリエイター支援を目的に設立した、「GMOクリエイターズネットワーク株式会社」が運営しています。

国内で初めて、フリーランスや個人業者に特化した「収納代行&即日払いサービス」で、無料会員登録をし「フリーナンス口座」を開設しておけば、「3%から10%」という比較的手ごろな手数料で、売掛先に知られることなく売掛債権をスピーディーに現金化することができます。

フリーナンスで資金調達するメリットとデメリット

フリーナンス最大のメリットは、「業務遂行中にケガなどの事故が起きた」「仕事で作成した商品によって事故が起きた(PL責任)」「仕事で預かっていた商品を破損してしまった」などといったトラブル発生時の損害賠償責任を補償してくれる、「あんしん補償」が無料で付与されることです。

個人業者やフリーランスは法人や企業と異なり、トラブル発生時の備えが万全ではないこともありますが、フリーナンスに登録しておけば、自身や従業員が安心して仕事に取り組めるのはもちろん、取り引き先からの信頼度もUPするはずです。

一方、フリーナンスの無料登録し、「フリーナンス口座」や「即日払い」を含むサービスを利用することに血合いに大きなデメリットは見当たりませんが、フリーナンス口座への振り込みは法人名義のみ対応で、個人名義では振り込みできません。

必然的に、個人が取引先である売掛金のファクタリングはできませんので、その点は注意しておきましょう。

「日本中小企業資金サポート機構」は非営利団体運営で高審査通過率

日本中小企業資金サポート機構の画像

サービス名 日本中小企業金融サポート機構
運営会社 一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構
運営会社所在地 東京都港区芝公園一丁目3-5 ジー・イー・ジャパンビル2階
電話番号 03-6435-7371
営業時間 平日9:30〜19:00
調達可能金額 制限なし
取引形態 2社間・3社間ファクタリング
対応エリア 全国
個人の利用 可能
資金化所要時間 振込まで最短3時間
公式HP https://chushokigyo-support.or.jp/

日本中小企業資金サポート機構は、営利目的つまり手数料を取ることで利益を上げているファクタリング会社ではなく、あくまでも中小企業や個人業者、フリーランスを財政的にサポートするため設立された、「非営利団体の一般社団法人」が運営しています。

そのため、ファクタリング手数料が「最低1,5%~」と、業界でもトップレベルに手ごろなうえ、申し込みから最短なら3時間程度の入金可能と、資金調達スピードも他のサービスと引けを取りません。

日本中小企業資金サポート機構で資金調達するメリットとデメリット

前述した通り、日本中小企業資金サポート機構は個人業者やフリーランスなどを資金面からサポートし、ひいては国内経済の活性化の一助となるべく活動している団体ガ運営しています。

そのため、ファクタリングの申し込みに合わせ、調達した資金の有効な運用法など、今後の経営方針などについて担当者の経験と知識に基づく、コンサルティングを受けることもできるのが大きなメリットです。

一方、日本中小企業資金サポート機構の場合、秘匿性重視の2社間取り引きではなく、手数料を節約できる3社間取引も選択できますが、こちらん場合取引先が契約に絡んでくる関係上、申込当日中の資金入金が難しくなる場合があるのが、デメリットと言えばデメリットになります。

「ラボル」は土日の審査・振込対応で個人業者向きのファクタリング

ラボルの画像

サービス名 ラボル
運営会社 株式会社ラボル
運営会社所在地 東京都世田谷区用賀四丁目10番1号 世田谷ビジネススクエア タワー 24階
電話番号
営業時間 24時間365日振込対応
調達可能金額 1万円~
取引形態 2社間ファクタリング
対応エリア 全国
個人の利用 可能
資金化所要時間 最短60分の審査完了後に即日振込
公式HP https://labol.co.jp/

ラボルは、面談不要の完全オンライン完結型ファクタリングシステムを完備し、買取可能な売掛債権の下限を1万円からと、非常に低くしていることからもわかるとおり、小規模取引が主な個人業者やフリーランスをターゲットとしているファクタリング業者ですが法人登録している企業でも問題なく利用できます。

運営会社である株式会社ラボルは、東証プライム上場企業でインターネットマーケティングを生業としている株式会社セレスの100%出資子会社で、資金調達サービスとして利用していくうえで、安定性と信頼感に不安な点はありません。

ラボルで資金調達するメリットとデメリット

多くのファクタリングサービスは、土日祭日替え休業日または、新規申し込みや問い合わせなどはネットや電話で24時間受け付けていても、審査や契約は営業日のみの対応、というところがほとんどです。

そんな中ラボルは業界でも珍しく、土日・祭日も休まず審査対応しており、セブン銀行指定口座にしていれば、24時間365日対応で資金を振り込みしてもらえるため、急遽資金が必要になった際頼りになるのがメリットです。

一方、初回取引では、買取上限額が10万円~20万円程度と少ないため、位階の取引額がやや大きめの個人業者やフリーランスには、不向きだと言えるでしょう。

ただ、2回目の取引からは、売掛金の買取上限も100万円まで拡大されます。

「ビートレーディング」は必要書類が2点のみで個人業者でも楽

ビートレーディングの画像

サービス名 ビートレーディング
運営会社 株式会社ビートレーディング
運営会社所在地 東京都港区芝大門一丁目2-18 野依ビル3階・4階
電話番号 0120-427-037
営業時間 平日9:30~18:00
調達可能金額 制限なし
取引形態 2社間ファクタリング
対応エリア 全国
個人の利用 可能
資金化所要時間 最短2時間で入金
公式HP https://betrading.jp/

ビートレーディングは、月間契約件数1000件以上・累計取引社数5万社超・累計買取金額1100億円突破という実績を誇る、ファクタリング業界屈指の老舗サービスです。

運営会社である株式会社ビートレーディングは、各種ファクタリングビジネスのほか、在庫買取サービス業や広告代理事業などを手掛けていて、これまで蓄積してきた企業運営に関するノウハウや取引先から入手したビッグデータなどを基に、利用事業者の企業運営をサポートする「コンサルティング業務」も請け負っています。

ビートレーディングで資金調達するメリットとデメリット

ビートレーディングは、一般的なファクタリングサービスが行っている「請求書買取」とは別に、成果物が納品される前、つまり「請求書の段階でのファクタリング」にも対応しているのが、最大のメリットです。

そのため、納品前に多額の人件費や材料費が発生し、資金フローに苦慮するケースも多い、建設業や建築業を営む個人業者や1人親方などから、強い支持と信頼を集めています。

一方、ビートレーディングは2社間取引と3社間取引の双方に対応していますが、法人成りをしていない個人事業主やフリーランスの場合は、3社間取引しか利用できないため、個人業者やフリーランスの場合は売掛先の理解を得る必要がある点が、デメリットになってきます。

「ペイトナーファクタリング」は入金スピードが速く手数料一律

ペイトナーファクタリングの画像

サービス名 ペイトナーファクタリング
運営会社 ペイトナー株式会社
運営会社所在地 東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル3階
電話番号
営業時間 平日10:00〜18:00
調達可能金額 1万円~25万円(初回)
取引形態 2社間ファクタリング
対応エリア 全国
個人の利用 可能
資金化所要時間 着金まで最短10分
公式HP https://paytner.co.jp/factoring

ペイトナーファクタリングは、下限買取売掛債権1万円からと、小口の商いが主体となることが多い個人業者フリーランスをターゲットとしている資金調達サービスで、オンライン完結型ファクタリングの導入により、スピーディーな資金調達が可能となっています。

また、「個人業者利用可能」と謳ってはいても、開業届けが受理されていrない業者の売掛債権買取には対応していないファクタリングも多い中、ペイトナーファクタリングは開業してまだ日が浅く、開業届けを提出していないフリーランスでも利用できるのが特徴です。

ペイトナーファクタリングで資金調達するメリットとデメリット

ファクタリング業者は、手数料が審査終了まで判明しない、もしくは公式HPなどで手数料が記載されていても「〇%~」といった具合に、具体的な掛け目を明記せず目安を示しているところがほとんどです。

そんな中、ビートレーディングはいかなる売掛債権であっても、「一律10%」とファクタリング手数料が明確に示されているため、審査終了前の段階でいくら手元に資金が入るかはっきりとわかるため、利用後の事業計画などを立てやすいのがメリットです。

一方、ビートレーディングは諸学取引特化なため、初回利用時は「1万円~25万円」と、資金化可能金額がかなり限定的なのがデメリットですが、2回目・3回目と利用回数を増やし実績を積めば、最大100万円まで買取上限が増えるので、取引金額がそこまで大きくない個人業者や振りランスなら、十分対応できます。

「イージーファクター」は低コストで個人業者やフリーランスが利用しやすい

イージーファクターの画像

サービス名 イージーファクター
運営会社 株式会社 No.1
運営会社所在地 東京都豊島区池袋4丁目2−11 CTビル3F
電話番号 0120‐224‐012
営業時間 平日9:00~19:00
調達可能金額 非公開
取引形態 2社間ファクタリング
対応エリア 全国
個人の利用 可能
資金化所要時間 最短1時間
公式HP https://easyfactor.jp/

イージーファクターは、国内でも早い段階からファクタリング作業ン織り出している、株式会社NO,1が運営しているファクタリングサービスで、ファクタリングの申し込み・利用に合わせ、プロのコンサルタントによる経営課題のサポートを同時に受けることができます。

来店と面談不要の、「完全オンライン完結」で資金調達を目指せるほか、売掛金買取の見積もりだけなら最短10分、審査に進んで入金までの所要時間も最短なら60分と素早い資金調達が可能です。

イージーファクターで資金調達するメリットとデメリット

イージーファクターのメリットは、ファクタリング手数料が「2%から」と業界最安レベルなうえ、上限手数料に関しても「8%まで」と、多くのファクタリング業者が助言手数料をあいまいにしている中、明記しているのがメリットです。

一方、効率的でスピーディーなファクタリングに特化しているためか、やや手続き的に手間がかかり取引先の了解が必要となる半面、手数料が割安な「3社間取引」を取り扱っていません。

そのため、手数料節約のため、3社間取引を選べないのはデメリットですが、イージーファクターの手数料は2社間取引の中でもかなり手ごろなので、スピード感があり秘匿性も高い2社間取引のメリットを加味すると、そこまで大きな弱点とは言えないでしょう。

「アクセルファクター」は個人業者からの信頼も厚い老舗ファクタリング

アクセルファクターの画像

サービス名 アクセルファクター
運営会社 株式会社アクセルファクター
運営会社所在地 東京都新宿区高田馬場1-30-4 30山京ビル5階
電話番号 0120-785-025
営業時間 平日 10:00~19:00
調達可能金額 数万円~1億円
取引形態 2社間ファクタリング
対応エリア 全国
個人の利用 可能
資金化所要時間 最短2時間で入金可能
公式HP https://accelfacter.co.jp/

アクセルファクターは、数億円規模の売掛債権の買取にも対応しているため、法人メインのファクタリングサービスと思われがちですが、数万円規模の少額取引も可能なうえ、オンライン完結対応で最短2時間での入金も可能な機動力を考えると、資金調達に時間や手間をかけられないことも多い、個人業者でも利用しやすいです。

また、他のファクタリング業者は、売掛金を回収し損ねる確率が高くなってしまうことから、支払期限の長い売掛債権については、買取を断ったり審査で不合格とすることもありますが、アクセルファクターでは最長6か月先が支払期限の売掛債権も買取対応してくれます。

アクセルファクターで資金調達するメリットとデメリット

アクセルファクターは、「買取可能な売掛債権額の幅が広い」「資金の入金スピードが最短2時間で速い」「準備書類が少なめでオンライン完結も可能」と、個人業者やフリーランスが使いやすいファクタリングの要素をそつなく備えています。

そのうえ、商品やサービスの納品がまだ終わっておらず、請求書が発行されていない「請求書」や「発注書」の段階でも、審査において申込者と発注者がどちらも信用に値すると判断されれば、買取対応してくれるのが最大のメリットです。

一方、アクセルファクターは買取する売掛債権の金額が高くなれば高くなるほど、ファクタリング手数料が手ごろになっていくシステムになっているため、取引金額の小さい個人業者は、やや手数料が高めになるというデメリットがあります。

「PAYTODAY」は今日お金が必要なとき頼れる審査甘めファクタリング

PAYTODAYの画像

サービス名 PayToday
運営会社 Dual Life Partners株式会社
運営会社所在地 東京都港区南青山2-2-6 ラセーナ南青山7F
電話番号
営業時間 平日9:00〜19:00
調達可能金額 10万円~制限なし
取引形態 2社間ファクタリング
対応エリア 全国
個人の利用 可能
資金化所要時間 最短30分からの即日振込
公式HP https://paytoday.jp/

PAYTODAYは、「本日払い」という意味のサービス名が示している通り、オンライン完結システムとAI審査ツールの導入による手続きのスピードUPで、申込当日はおろか最速であれば30分という驚異の速さでの資金調達も可能とした、個人業者やフリーランスにうってつけのサービスです。

個人業者向けに手続きを簡素化し、AI導入で審査やその後の契約にかかるコスト削減に成功した結果、資金の入金スピード向上のみならず、「1%~9,5%」と、上限でも10%を割り込む低水準の手数料を実現しているのが特徴です。

PAYTODAYで資金調達するメリットとデメリット

前述した通り、PAYTODAYはファクタリング手数料が業界でもトップクラスに低水準であるうえ、公式HPにおいて下限だけではなく上限手数料も公開しているため、審査結果が出る前の段階で、かなり正確にどの程度の資金が入金されるか判明するのがメリットです。

ただ、最低買取金額が「10万円から」となっているため、普段の取引が少額メインで、数万円単位の売掛債権しか所有していないという個人業者やフリーランスは、利用しにくい点は明確なデメリットになります。

「オルタ」はAI審査導入でオンライン完結の個人業者向きファクタリング

オルタの画像

サービス名 オルタ
運営会社 OLTA株式会社
運営会社所在地 東京都港区赤坂1-12−32 アーク森ビル 4F
電話番号 03-5843-0488 (代表)
営業時間 平日10:00~18:00
調達可能金額 制限なし
取引形態 2社間ファクタリング
対応エリア 全国
個人の利用 可能
資金化所要時間 24時間以内に完了する審査終了後、即日入金可能
公式HP https://www.olta.co.jp/

オルタは、国内3大メガバンクをはじめ、名だたる金融機関が業務提携している、抜群の資金力と信頼性の高さが売りのファクタリング会社で、その高い資金調達能力を発揮して、上限・下限ともに制限なく幅広い範囲の売掛債権を買い取り、スピーディーに資金を入金してくれます。

人手や時間をかけることがなく、来店・面談不要で資金調達可能な、オンライン完結型ファクタリングの草分け的存在で、業界最安レベルの手数料の効果もあって、累計事業者数1万以上・累計申込金額1000億円を超える、大手ファクタリングサービスに成長しています。

オルタで資金調達するメリットとデメリット

下限・上限ともに業界でもかなり低水準と言える手数料の手軽さに加え、買取可能な売掛金の範囲が非常に広く、法人・個人問わずあらゆる業態・業種の事業者が利用できるうえ、資金入金までのスピード感も申し分なしと、オルタで資金調達をするメリットを挙げれば枚挙にいとまがありません。

また、多くのファクタリング業者が、回収不能となるリスクを恐れ敬遠しがちになる、支払期限の遠い債券に関しても、オルタは6か月先が支払期限の売掛債権の買取も積極的に行っていることも、売掛サイクルの長さに苦慮している個人業者にとって、歓迎すべきメリットと言えます。

唯一、ニーズと効率性を重視した結果でしょうが、オルタは2社間ファクタリング特化型のサービスであり、オンライン完結が難しい3社間ファクタリングには対応していません。

ですので、手数料を少しでも節約するため、売掛先の了承を得て3社間ファクタリングをしたいと考えている場合は、他社の利用を検討したほうが良いでしょう。

個人業者やフリーランスがファクタリングを選ぶ時チェックすべき4つのポイント

個人事業主のファクタリングの図解

ここまで、審査が甘く資金調達が成功しやすいと言われているファクタリング業者を厳選して紹介しましたが、下記の通り個人業者やフリーランスがファクタリングを利用するにあたって、チェックしておくべきポイントを4つ挙げておきましょう。

いずれも、法人や企業ならそれほどこだわらなくてもよいかもしれませんが、経営基盤が必ずしも強固とは言えない個人業者やフリーランスにとっては、非常に重要なポイントとなるので、是非チェックしておいてください。

とにかく審査が柔軟で資金調達成功率が高い事

ファクタリングの利用を考えているということは、理由はどうであれ早急な資金調達を望んでいるということですから、ファクタリング審査に通らず資金調達不可能となれば、法人であれ個人であれ今後の事業計画や資金繰りに支障が出てきます。

そして、事業主にとって大切な財産である、「売掛金」を買取に出してまで資金調達を目指したのに、それが審査不合格という理由で失敗したとなると、ビジネス的のにかなりのダメージを受けるはずです。

特に、必ずしも資金的に潤沢で経営基盤が強固だとは言い切れず、事業計画や資金繰りがうまくいかないと事業そのものが傾きかねない、小規模経営の個人業者やフリーランスの場合、可能な限り審査が柔軟で資金調達の成功率が高いファクタリング業者を見つけ出すことが先決になります。

ファクタリング時の審査基準は、法律である程度規制されている融資(借入)の審査基準より業者ごとの裁量に任せている部分が多いうえ、業者によって得意としているジャンル・業種も異なるため、審査通過率もファクタリング業者によってかなり変わってきます。

各ファクタリング業者の公式HPにおいて、それぞれ絵の審査通過英栂公開されていることもあるほか、ネットで調べれば審査に関する情報や評判・口コミが見つかるので、事前に十分リサーチをしておきましょう。

少額のファクタリング可能で手数料は抑えられるところ

前項で、ファクタリング業者にはそれぞれ得意とするジャンル・業種があると述べましたが、中には取り扱う(買取する)売掛金の額をあえて限定し、ターゲットを絞り込むことにより、ファクタリング業界で競争力を高めようと考える業者も多々あります。

そして、個人業者やフリーランスも利用できるファクタリング業者は多いのですが、売掛金の買取額の下限を「数十万円から」に設定しているところもあり、s当然ながらそう言った業者に数万円単位の売掛金を持ち込んでも、審査の甘さに関係なく「買取対象外」となってしまい、資金調達できません。

ですので、一度の取引金額が小さめで売掛債権が数万円単位の個人業者やフリーランスに関しては、ファクタリングの申込先を決めるときは、まず最初に「少額の売掛金の買取」にも対応している業者を探すことから始めるべきです。

また、少額の売掛金をファクタリングして資金調達する場合、手数料が高いと手元に残る資金が少なくなってしまうため、可能な限り手数料が抑えられるよう、複数のファクタリング業者で見積もりを取り、最も手数料が安い業者を選びましょう。

準備書類が少なく手続きが容易かどうか

財務を専門に担当する部署や、財務担当者が存在することも多い法人・企業と異なり、個人業者やフリーランスは日常業務をこなしながら、資金繰りなどの財務も同時に行っていることがあります。

その場合、いかに重要な資金繰りのためだとは言え、日常業務を放り出して没頭するわけにもいきませんから、ファクタリングを進めるための準備書類が少なく、手続きも簡単で時間や手間をかけず資金調達できる、ファクタリング業者を選んだほうが良いでしょう。

近年では、「Zoom」などを活用したリモート面談や、クラウドサインなどの電子契約システムを駆使することで、申込から資金入金まですべての手続きを、「オンライン完結」可能なファクタリングサービスも登場しているので、資金調達は大切だか時間や人手を割けないという時は、そういった業者を利用しましょう。

申し込みから資金入金・着金までのスピード感

これは、個人業者やフリーランスに限らず、法人や企業にも言えることですが、売掛債権の買取契約が結ばれ、資金が入金されるまでの時間が早ければ早いほど、「次の一手」を熟慮する時間を稼ぐことができます。

そのため、各ファクタリング業者の公式HPやネット上の口コミ・評判などを調査し、申し込み方資金入金までどの程度の時間がかかるのか、事前にその目安時間を知っておくことも大切になります。

ただ、資金入金スピードが速ければ速いほど良いというわけではなく、審査や入金のスピードが速い代わりに、ファクタリング手数料が他社よりやや高め、というファクタリング業者も中にはあります。

ですので、資金が必要となるタイミングと、手数料との関係をよく精査したうえで、利用するファクタリング業者を選抜するようにしましょう。

審査の甘いファクタリング個人業者に関するよくある質問とQ&A集

最後に、審査が甘く個人業者も利用可能なファクタリングに関するよくある質問や疑問点を、その回答とともにいくつか紹介しておきますので、参考にしてみてください。

Q:個人業者がファクタリング審査に通りやすくなるコツは何ですか?

A:ファクタリングの審査は、申込者自身の信用度より、売掛債権の素性と確実性を重視して審査が行われます。ですので、経営状況が安定している有名企業や大企業の売掛債権を買取に出したほうが、審査通過率も高くなってきます。また、同じ売掛先であっても、決済期日が遠い売掛債権より、決済期日が近い売掛債権のほうが審査時の評価が良いですし、売掛先や買取に出すファクタリング業者との取引履歴が多い方が、審査に通りやすいです。

Q:「審査なしで即入金」というファクタリング業者を見つけたのですが、利用しても大丈夫でしょうか?

A:融資やローンより、ファクタリングのほうが審査が数段甘いのは確かですが、売掛金を買取るとはいえ決済前にまとまった額の資金を提供する以上、未回収リスクはどうしても付きまといますから、「審査を全くしないファクタリング業者」はこの世に存在しません。にもかかわらず、「審査なし」を謡っている業者はファクタリングサービスを隠れ蓑とした悪徳業者や闇金業者の可能性が高いため、その利用は差し控えておいた方が良いと考えています。