第6回トビィ抽選会

国税庁、旅行会社に出国税を説明、事務負担に理解求める

日本旅行業協会(JATA)は6月25日、国税庁の担当者を講師に招き、旅行会社を対象とする「国際観光旅客税に関する説明会」を開催した。国際観光旅客税(いわゆる出国税)は、来年1月7日以降航空機または船舶で日本を出国する日本人および外国人の旅行者に、一律で1人1回1000円を徴収するもの。旅行会社は航空券料金への上乗せなどのかたちで、旅行代金と併せて支払われた出国税を「特別徴収義務者」である航空会社や船会社に支払うこととなるため、事務負担が増加することが予想されている。参加者数は90名超に上った。講師を...