お助け道場を開設しました!

【会計士の視点】コロナ禍の決算書を読み解く-JTB編

  • 2021年6月29日

財務三表から見るJTBの姿とは
2021年3月期の1年で20年分近い利益を失っている

 新型コロナウイルスにより甚大なダメージ受けた観光産業。観光目的の国際往来は1年以上ストップし、国内旅行は緊急事態宣言やまん延防止等重点措置などの発令により多くの観光地では閑古鳥が鳴いている状態だ。

 観光産業で使う指標として送客数、宿泊数、観光収入などがあるが、今回より始まる【会計士の視点】シリーズでは財務会計からコロナ禍の観光産業の影響を見ていく。財務諸表を読み解くのは、公認会計士で企業へのコンサルティングもおこなっている玉置繁之氏。第1回目は旅行業界の雄JTBの財務諸表を読み解いていく。

JTBの決算書を公認会計士はどう読むか?

 JTBの2021年3月期の決算情報が5月28日に発表されました。今回はそのJTBの決算書を、公認会計士である筆者がどういう順番で見て、どういう感想を持つのかというのを書いてみたいと思います。

 なお、JTBの決算概要は、JTBのホームページから見ることができるので、興味がある方は是非原典をご覧いただければと思います。

 今回の分析は連結ベースの数値で見ていきたいと思います。また、当記事はあくまで筆者の私見であり、筆者の所属する団体や、掲載媒体であるトラベルビジョンの見解ではないので、その点はご了承頂ければと思います。

JTBの2021年3月期の損益計算書を分析

 今回はコロナ禍で大打撃を受けている旅行業のJTBなので、実際にどのくらい打撃を受けているかを見るため、まず初めに損益計算書を見ていきましょう。

連結損益計算書

JTB決算情報より抜粋)
(単位:百万円)
前連結会計年度
(自 2019年4月1日
至 2020年3月31日)
当連結会計年度
(自 2020年4月1日
至 2021年3月31日)
売上高1,288,569372,112
売上原価1,009,697263,995
売上総利益278,872108,117
販売費及び一般管理費277,479205,673
営業利益(△損失)1,393△ 97,556
営業外収益合計3,080 25,970
営業外費用合計1,925 2,690
経常利益(△損失)2,548△ 74,276
特別利益合計8,921196
特別損失合計5,828 30,888
税金等調整前当期純利益(△損失)5,641△ 104,968
法人税等合計3,4301,910
当期純利益(△損失)2,211△ 106,878
非支配株主に帰属する当期純利益(△損失)562△ 1,719
親会社に帰属する当期純利益(△損失)1,649△ 105,159


 損益計算書を見ると、今期は△1051億5900万円の親会社に帰属する当期純損失、一過性の特別利益・特別損失考慮前の経常損失でも△742億7600万円と、かなり大きな損失を出しております。

この続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員登録して、
トラベルビジョンをもっと活用しよう!

会員向け記事が読める
トビィ抽選会に参加できる
コメント投稿ができる
優待情報が閲覧できる
今すぐ無料会員登録