第6回トビィ抽選会

「痛みを伴う改革をした以上、絶対にやり遂げる」 名鉄観光サービス代表取締役社長 拝郷寿夫氏

構造改革と財務基盤固めに目途つく
22年の国内需要は19年以上を期待

拝郷寿夫氏は名古屋鉄道の副社長などを歴任した後、2020年に名鉄観光サービスの代表取締役副社長に転じ、21年6月からは社長を務める。副社長、社長として約2年間にわたりコロナ禍と戦い続けてきたが、「明けない夜はない」と言い切る。コロナ後への手応えも感じつつあるという拝郷氏は、やるからには明るく前向きに未来を切り拓いていくと自信を示した。(聞き手:弊社代表取締役社長兼トラベルビジョン発行人 岡田直樹) -ご自身の仕事歴等を中心に自己紹介をお願いいたします。拝郷寿夫氏(以下敬称略) 生まれも...