TASAキャンペーン

日本航空、国内線「明るい兆し」で現金流出解消、国際線は3~4月予想

  • 2021年12月10日

日本航空(JL)代表取締役社長の赤坂祐二氏は12月10日、定例会見で国内線の回復により現金流出が解消したこと、2023年度入社から客室乗務員などの採用を再開する方針などを説明した。業績については、10月はコロナ前に比べて国内線が5割、国際線が1割弱に留まったものの、11月は速報値で国内が6割程度、国際は1割程度となり「かろうじてEBITDA(営業利益+減価償却費)が黒字」化。このまま「早期の単月黒字(を実現し)、年度末まで徹底的に収支改善に務めていきたい」考えだ。国内線については、オミクロン株の影響...