「ベンダーさん」を今すぐフォローしよう!

コロナ禍後の世界でナンバーワンの観光文化都市を目指す-大阪観光局理事長 溝畑宏氏

鍵は「Green」と「LGBTQ」
周辺地域との相互連携で国際ゲートウェイ都市に

大阪は、東京や北海道と並んで最もコロナ禍に悩まされてきたエリアのひとつ。観光産業のダメージも大きい。しかし大阪観光局は、観光需要は必ず戻りインバウンドも復活すると、ポジティブなメッセージを発信し続ける。観光庁長官、内閣官房参与などを経て2015年から同局の理事長を務める溝畑宏氏は、「大阪は観光のトップランナーになる」と明言し、ピンチはチャンスと捉え前を向く重要性を説く。(インタビュー実施日:3月18日/聞き手:弊社代表取締役社長兼トラベルビジョン発行人 岡田直樹) -コロナ禍に直面し...