TIFS緊急アンケート

需要回復に向けた宿泊業界の現状と課題、人材不足の鍵は外国人雇用に

宿泊業界に特化した特定技能人材サービスを行うダイブと全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会(全旅連)青年部はさきごろ、宿泊業界の現状と課題を提起するオンライン会見を開催した。ダイブと全旅連青年部は会見に先立ち、9月9日から27日にかけて全旅連に加盟する旅館・ホテル事業者160名を対象に人材に関するアンケート調査を実施。会見ではこの結果を元に、今後の需要回復に向けた期待と不安、人材不足を解消するための外国人雇用の必要性などが提言された。調査では10月11日より開始される全国旅行支援や今後予定されているG...