韓国の「今」を駐在員の視点から-苦戦する航空業界、写真で紹介する人気観光地の現況

 昨年11月から始まった新型コロナウィルスの第3波は、年末に新規感染者のピークを迎えた後減少へ向かっていましたが、1月下旬から下げ止まりとなり、300~500人の間で推移する足踏み状態となっています。

 今回は韓国内における新型コロナウイルスワクチンの接種や感染状況、実施中の規制のほか日本からの観光客も多く訪れていた人気の観光スポットなどをレポートいたします。

世界遺産の昌徳宮(チャンドックン) 仁政殿。平日午前中で100人程度が入場している

ワクチンの接種状況

 韓国におけるワクチンの接種は、2月26日より新型コロナウイルス専門病院の医療従事者、高齢者療養病院の医療従事者、救急スタッフから開始されました。ワクチン接種は4月より65歳以上の高齢者、7月より19歳以上の一般成人と続き、9月までに全国民に一次接種を実施、11月までに集団免疫を形成することを韓国政府は目指しています。

韓国のコロナワクチン確保状況(総5600万人分:疾病管理庁)
区分アストラゼネカファイザーヤンセンモデルナCOVAX
種類伝達体ワクチンmRNAワクチン伝達体ワクチンmRNAワクチンmRNAワクチン
契約数2000万回2000万回600万回4000万回2000万回
接種回数2回2万回1回2回2回
進行状況12月契約完了12月契約完了12月契約完了今年初期契約予定契約完了



6月までの対象別予防ワクチン接種計画(疾病管理庁:3月15日発表)
対象接種場所種類対象規模開始
療養病院・療養施設等自体/訪問アストラゼネカ37.7万人3月4週
老人・障碍者等の施設等予防接種センターアストラゼネカ/ファイザー66.94万人4月1週
75歳以上予防接種センターファイザー364万人4月1週
65~74歳委託医療機関アストラゼネカ494.3万人5月~6月
学校・託児関連施設等保健所アストラゼネカ55万人4月1週
慢性疾患者等(64歳以下)委託医療機関アストラゼネカ10.4万人6月
保健医療人・社会必需人力委託医療機関等 アストラゼネカ121.4万人5月



感染状況

 新型コロナウイルスの第3波は前述の通り、年始より急速な減少傾向をみせた後、1月下旬から下げ止まり、現在の1日の新規感染者数は300~500人の間で推移しています。小規模クラスターの発生は主に、宗教施設や療養施設、職場、サウナ等の公衆浴場、外国人就労施設、教育施設・家族間感染などで見られ、経路不明、無症状の感染者による感染も継続してます。

 心配されている新型コロナウイルスの変異株による感染者は、3月16日までで257人と発表されています。主要変異ウイルスは182件(英国変異154件、南アフリカ変異21件、ブラジル変異7件)、疫学的危険度が確認されてないその他の変異株は75件となっています。

韓国全体及び主要都市発生者数(2021年3月19日現在)
感染者死者数隔離解除致命率総検査者検査中総陰性結果
9万7757人1690人8万9523人1.73%726万4941人8万8341人707万8843人



地域感染者治療検査中死者数隔離解除
首都圏(ソウル・京幾道・仁川)6万1943人4497人992人5万6654人
慶尚南道(釜山含む)6078人582人129人5367人
済州島614人23人1人590人
大邱8762人81人215人8466人



4段階の新型コロナウィルス防疫規制

 5段階からなっていた新型コロナウイルス防疫規制は、3月1日から「1.5」「2.0」「2.5」「3.0」の4段階に調整変更されました。この規制は数字が大きなるにつれて、規制の内容が厳しくなっていきます。首都圏(ソウル・仁川市・京幾道)は2.0段階で、その他の地域は1.5段階となってます。昨年末から実施されている5人以上の会食の禁止は現在も継続して実施されていますが、カラオケ、屋内スポーツ施設、スーパー等の小売店の営業は、3月15日より営業時間が1時間延長されて午後10時まで可能となりました。

レベル2.0 防疫規制の概要
区分概要
概念地域的流行段階
状況医療体系の通常対応範囲内で地域的流行が2週間以上持続拡大
基準首都圏平均2週間の感染者数300~500名以下
拡大状況(60歳以上の患者比率、重症患者、病床需要の能力など考慮)
確信メッセージ可及的自宅滞在、外出・集会・多重利用施設利用は最大限自粛
集合人員規制1グループ4名まで(レストラン・酒店・古宮・観光地など)
罰則店主300万ウォン、顧客10万ウォンの罰則金
水際対策空港・港湾入国者PCR検査及び変異種対策のため陰性証明書提出(5歳以下免除)、
隔離2週間



レベル2.0 業種別規制内容
業種規制内容
交通マスク着用義務
学校人員密集度3分の1遵守、換気徹底
企業在宅業務奨励
レストラン22時まで、その後はテイクアウト、記入(入店時間・携帯番号)、1時間以内滞在勧告
屋内スポーツ営業禁止時間は22時~5時
宗教活動収容可能座席の20%以内、別途の集会及び会食禁止
スポーツ観戦収容可能座席の10%以内
クラブ等営業禁止時間は22時~5時


次ページ>>>航空業界の市場動向

関連ニュース