コワーケーションドットコム

製造業の街の新たな魅力を広める―名古屋マリオットアソシアホテル総支配人 大本茂氏

ロイヤルティプログラムを活かした集客
コロナ禍を将来のファン獲得のきっかけに

名古屋駅の真上という絶好のロケーションの名古屋マリオットアソシアホテル。ビジネスやMICEの拠点として利用されてきたが、コロナ禍による需要減退を受け、修学旅行生の受け入れや地域との繋がりの強化など、新たな道を模索している。「売上に直結しない取り組みも必ず将来に繋がる」という総支配人の大本茂氏に、コロナ後を見据えた戦略を聞いた。(聞き手:弊社代表取締役社長兼トラベルビジョン発行人 岡田直樹) -はじめにご自身のご紹介をお願いいたします。大本茂氏(以下敬称略) 以前は全日空ホテルにおり、広...