TASAキャンペーン

ドイツ、2022年の日本人渡航はコロナ前の3割を想定、SNSを新たなキャンペーンに活用

ドイツ観光局(GNTB)はこのほど、旅行会社やメディア関係者向けに「クリスマス懇話会」を開催した。当日は約30名の会場からの参加者に加え、ヨーロッパの旅行会社やインフルエンサーなど約50名がオンラインで参加した。懇話会の前半ではGNTBのアジア・オーストラリア地区統括局長・日本支局長の西山晃氏がプレゼンテーションを行い、ドイツの現状、ビジネス回復の見込みと予測、コロナ後の日本人の旅行意識、2022年のキャンペーンテーマなどについて説明した。ドイツでは新型コロナウイルスに対し、ワクチン接種やPCR検査...