TASAキャンペーン

意外と人気がないテレワーク規制緩和ニュース、こんなの一年前に出してくださいよ ー 20代社員が振り返る今週のニュース

 今週はちょっとランキングの予想が外れました。こういうコーナーを持っていると、週の頭には今週掲載予定の記事を見て「今週はこれがトップかな」「これは上位だろうな」というのをなんとなく考えてしまいます。とくにトップ記事はわかりやすい傾向があるんですが、その予想では旅行業務のテレワーク規制緩和が1位だったんですが、なんと3位でした。

 皆さん既にご存知だったからか、遅すぎる対応に読む気もないのか、あまりにも実態と乖離した内容に興味がないのか。個人的にはこの件に言いたいことも色々ありますが、発行人が既にコラムで触れているので今回はやめておきます。ただただ一言「遅すぎるでしょ」とだけ。三浦弁護士がこの件を解説されている記事がわかりやすいので、ご興味がある方は是非に。

 さて、このテレワーク緩和をぶち抜いた1位はホテル総支配人リレーインタビューのプリンスホテル武井久昌氏へのインタビューでした。このコーナーは過去4回も揃って人気が高いのですが、今回は特に人気でした。やはり海外旅行がいつ行けるようになるかもわからない今、国内ホテルがどのように考え行動してるのかは観光産業従事者にとって気になるところでしょう。

 しかし、プリンスホテルのような由緒あるホテルの総支配人をされている方がここまで尖っているとは! 総支配人がスピーチしてもあまり聞いてないから演奏する……弊社にはないですが代表のスピーチとかまあ聞くの面倒ですもんね。「人間は群れなし移動する種族、この業種は絶対に廃らない」このセリフは格好良いですね。絶対に需要は戻るとわかっているから、我々もなんとかこらえているわけです。問題はその戻る時期なのですが……

 そしてもう一つ、テレワーク規制緩和を抜いたのが柴田真人氏寄稿のコラム第5 回です。今回のは特に面白い! 特に「他の業界のリソースと掛け合わせる」というところが大好きです。私は社内でシステム系の仕事も担当しているのですが、システム界隈のコミュニティというのは「システム会社の人」か「色んな業界の社内システム担当者」が集まっているんですね。そしてここで色んな業界の話を聞くと非常に新鮮で面白い。思いもよらない常識や習慣が業界ごとにあるので、活かせることがいっぱいあります。今ジビエがブロックチェーンで管理されていっているとか、話に聞くまで全く知りませんでした。ところがこれは旅行業界に限らずですが、みんな自分の専門を深く勉強する方につい傾いていきますよね。これではイノベーションというのはなかなか生まれないのでしょう。こういう話がお好きな方、早稲田大学の入山章栄先生の「知の探索」という話が面白いですよ。

 かなり本題から外れてしまいましたが、特にこんな危機的な状況だからこそ、新しいアイデアを出すためにやれることはなんでもやるべきという話です。新しい知識を取り入れるっていうのは難しいですが、絶対に価値があることですね。