観光産業テレワークに関するアンケート

Trip.com、サプライヤー向けマーケティングツール、山梨県や横浜市が利用開始

海外メディア「PhocusWire」によると…
Trip.com、サプライヤー向けマーケティングツール、山梨県や横浜市が利用開始
Trip.comグループが「スターハブ(Star Hub」と名付けて開始したもので、サプライヤーが自らのチャンネルを持ち、画像や映像、文章を使ってプロダクトなどをユーザーに伝え、双方向のやり取りもできるようになっている
稼働時点で100超のチャンネルが開設されていて、IHGやシャングリ・ラ、アコー、マリオットなどのホテル、上海の東方明珠塔などのアトラクション、そしてイタリアやドイツの政府観光局や山梨県、横浜市もチャンネルを用意しているという
Powered by TRVLWIRE
※当コンテンツは、海外メディアの記事をキュレートするウェブメディア「TRVLWIRE」からの転載です。あくまで当該媒体がその内容の記事を掲載したことをご紹介するもので、情報の真偽等は確認していません。メール登録はこちら

関連ニュース