お助け道場を開設しました!

【コラム】「オフサイトミーティング」市場の可能性

コロナにより、在宅勤務を選択されている企業は多く、先進的な企業では居住地の自由やワーケーションを認めるところも出てきています。在宅勤務はコロナ感染の抑制はもちろん、通勤に要する時間やコスト、ストレスを軽減することとなり、基本的にはプラス面が多く、コロナ後も一定の割合で残り、定着するものと思われます。遠隔地居住やワーケーションに関しても、実現できる人の数は限られるでしょうが、大都市への集中緩和にも繋がりますし、何よりライフスタイルの選択肢が増えることは歓迎すべきことかと思います。また、出社人数が減れば...