TIFS緊急アンケート

成田空港、30万回に向け同時離着陸の可能性を調査−年内に拡大案提示へ

  • 2009年7月31日

国土交通省は、成田国際空港の発着枠拡大に向け、2本の滑走路での同時離着陸が可能か調査を開始した。成田空港の要領拡大に向けては、国土交通省と千葉県、地元自治体、成田国際空港(NAA)からなる四者協議会が今年1月23日に、騒音や飛行ルートの課題について検討を開始することで合意。現在は、安全面の確認が取れていないことから2本の滑走路で交互に離着陸しているが、30万回実現の方法のひとつとして同時離発着の可能性を探ることにした。今回の調査は秋ごろに結果を出すことを目指しており、安全が確認できた場合、飛行コース...