求人情報

韓国の「今」を駐在員の視点から-旧大統領府「青瓦台」、一般開放で人気観光スポットに

  • 2022年7月13日

 韓国における新型コロナ感染者数は、3月の中旬にむかえたピークから速い速度で減少していましたが、6月下旬よりゆるやかに増加に転じています。韓国政府は新型コロナウィルス感染症対策の基本方針を、4月下旬に完全なウィズコロナへと転換、飲食店、スポーツ観戦、イベント、エンターテイメント施設など、各方面での大幅な規制緩和が行われました。

 今回は現在の新型コロナウィルスの感染状況のレポートに加えて、5月10日から市民に公開された旧大統領官邸青瓦台(チョンワデ)をご紹介します。

青瓦台 本館前

現在の新型コロナウィルスの状況

 韓国では4月以降、飲食店の営業時間、マスク着用の義務などの一部を除いて、行動規制のほとんどが解除され、日常的な市民生活においては、ほぼコロナ前の状況に戻っています。3月中旬には1日当たりの新規感染者数が40万人を超えましたが、その後は右肩下がりに減少を続け、6月に入ってからは1万人を下回るようになりました。しかし、6月下旬より再び上昇傾向に転じ、日本と同様にこれから再び大きな波に襲われる可能性が指摘されています。

感染及びワクチン接種統計(2022年7月3日現在)CoronaBoard

感染者死者重傷者致命率1回接種完了2回接種完了3回接種完了
1839万5864人2万4574人56人0.13%4506万9257人4463万0796人3337万5372人

現在の業種別規制内容

業種規制緩和内容
交通マスク着用義務
学校登校許可、換気徹底
企業常勤業務
レストラン24時まで
スポーツ観戦屋外スポーツ全面解除
宗教活動全面解除
クラブ・カラオケ24時まで

海外渡航・出入国状況

 6月8日より、海外から韓国に入国する旅行者は、陰性証明書を所持していれば、国籍、ワクチン接種の有無に関わらず、入国後の自宅隔離をする必要がなくなりました。これにより海外旅行の需要は増加すると期待されていますが、現在の国際線空路便数は、未だコロナ以前の15%に留まっており、現実的には海外旅行の需要回復にはまだかなり時間がかかるものと思われます。海外旅行を取り扱う旅行会社、インバウンド客を期待するホテル、観光施設業者など、まだしばらくの我慢が必要なようです。

次ページ >>> ソウル市民にも大人気の青瓦台