カナダの「今」を駐在員の視点から-ワクチンパスポート実用化へ、観光地には他州や米国からの訪問者も

 カナダの現在の状況と観光主要地域の8月中旬現在の様子をご報告させていただきます。

カナダの国境制限とワクチン接種率

 8月9日東部時間午前12時より、アメリカ在住のアメリカ国民とアメリカ永住権保有者は、新型コロナウィルスワクチン接種完了を条件にカナダへ不要不急の渡航が許可されています。この緩和に伴い、トロント、モントリオール、バンクーバー、カルガリーの4空港に加え、ハリファックス、ケベックシティ、オタワ、ウィニペグ、エドモントンでも国際線の発着が可能となりました。一方アメリカ側は、カナダおよびメキシコとの国境制限を少なくとも8月21日まで実施することを発表しています。

 カナダは次段階として、9月7日よりワクチン接種を完了したアメリカ以外からの旅行者の入国も受け入れる予定です。宿泊を伴う大型クルーズ船のカナダ海域への進水禁止は当初来年2月28日までとされていましたが、かなり早まり11月1日に禁止解除予定です。

 ワクチン接種率は8月中旬現在、全人口あたりで1回でもワクチンを接種した人の割合が71.43%、ワクチン完全接種者の割合は61.88%です。

ワクチンパスポートの実施にむけて

 前回のレポートで、新型コロナウィルスのワクチン証明である「ワクチンパスポート」が示唆されている旨をお伝えしました。

 ケベック州では、いち早く9月1日からワクチンパスポートを実用予定です。現状は旅行の際の補助書類として提示するというよりは州内感染防止の意味合いが強く、スマートフォンの無料アプリからQRコード読み取り式でワクチン接種証明を提示、もしくは紙に印刷して必要に応じ提示することとなります。レストラン、室内イベント、バー、ジム等の室内施設利用、その他公共交通手段での移動の際、このワクチン接種証明アプリによるチェックを行い、感染拡大を未然に防ぐ目的です。

 ケベック州の発表を追うように8月11日には連邦政府がカナダパスポート所持者に対して、ワクチン接種を条件とする諸外国への渡航の際に有効なワクチンパスポートの導入を今秋にも予定している旨を発表しました。程なくして8月13日には、連邦政府職員、およびカナダ郵便公社、カナダ放送協会を含む連邦管轄機関職員のワクチン接種完了の義務付けを発表。さらに民間航空機や旅客鉄道、クルーズ客船の従業員および乗客にもワクチンの完全接種を求めると共に証明提示を導入する予定です。

観光主要地域のワクチンとビジネス状況

バンクーバー
 保健管轄地域別に、大型施設や地域のコミュニティセンターを会場とした大規模接種が行われていましたが、州内のワクチン接種率の目標達成が早まったことから、管轄保健地域によってはコンベンションセンター等の大型会場を早めに閉鎖し、8月下旬以降コミュニティ規模の小会場接種に移行します。

 また、ワクチンの接種率を更に高めるため、7月末からドロップインでの接種が可能となりました。筆者も1回目は予約、2回目はドロップインで接種。ドロップインの手続きはID と1回目接種証明書を見せるだけ。あっけないほど簡単に受けることが出来ました。1回目と2回目の接種の間隔は長い間49日間でしたが、8月上旬に短縮され28日間となりました。国境制限緩和、並びに秋季冬季の免疫力低下に備える動きと考えられます。

ワクチン接種後にもらえるシール。大切に持ち帰る人が大半だが。

ワクチン接種会場の近くで見た久しぶりの人だかり。警戒は少し緩んでいる様子。

次ページ >>> ナイアガラ、カナディアンロッキー、プリンスエドワード

関連ニュース