観光産業テレワークに関するアンケート

JTB、通期純損失は過去最大1052億円-21年度は黒字化、事業3本柱で成長めざす

  • 2021年5月28日

 JTBグループが5月28日に発表した2021年3月期(2020年4月1日~2021年3月31日)の連結決算で、売上高は前年比71.1%減の3721億円となった。営業損失は976億円(前年は14億円の利益)、経常損失は743億円(同25億円)となり、当期純損失はリスクを縮小するためにクオニイの“のれん”減損109億円、店舗削減など構造改革費用で118億円など合計308億円の特別損失を計上したため1052億円(同16億円)にふくらんだ。当期純損失は、連結決算を開始した2000年以降で最大の赤字幅となった。

 国内旅行は第3四半期にGoToキャンペーンの効果もあって盛り返したものの、通年では66.4%減の1528億円。海外旅行は94.9%減の225億円、訪日旅行は94.4%減の38億円といずれも激減した。第3国間のグローバル旅行は89.4%減の117億円となった。また、商事や出版、受託事業、MICEなどのその他事業は、15.6%減の1814億円となった。

2020年度連結業績(単位:億円)

2020年度2019年度増減増減率
売上高3,72112,886-9,16528.9%
売上総利益1,0812,789-1,70838.8%
営業利益(損失)-97614-990
経常利益(損失)-74325-768
純利益(純損失)-1,05216-1,068

今年度は黒字化へ、海外は早ければ9月からの一部再開に期待

 一方、2022年3月期については、業績予想の開示は見送ったものの、当期純損失は黒字化を目標に掲げる。これは、これまでに実施してきたコスト削減や組織再編に加えて、市場環境が一定程度は回復し、さらに旅行以外の事業での収益を獲得することで実現する考え。2021年度の収益は、19年度比で旅行事業が60%~65%減(国内は20%~25%減まで回復)、旅行外事業が10%以上の伸長を期待する。

この続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員登録して、
トラベルビジョンをもっと活用しよう!

会員向け記事が読める
トビィ抽選会に参加できる
コメント投稿ができる
優待情報が閲覧できる
今すぐ無料会員登録

関連ニュース