DXに関するアンケート

伊豆・下田、観光列車とロープウェイで新たな魅力を知る

「ななつ星」のデザイナー水戸岡鋭治氏による豪華列車
地産の食材を堪能

江戸時代には東西を往復する船の寄港地として栄え、1853年の黒船来航後には日米和親条約で最初に開港された場所でもある伊豆・下田。透き通った海と白い砂浜、変化に富んだ火山地形、そして湯量豊富な温泉と、都心から近いリゾートとして親しまれてきた。しかし近年は国内外の観光地との競合もあり、観光交流客数はピーク時の半数以下の290万人程度にまで減少、そこにコロナ禍が更なる追い打ちをかけている。アフターコロナに向け地域の知られざる魅力の発信を試みる下田交通ツーリズム活性化委員会が企画した2泊3日のモニターツアー...