「ベンダーさん」を今すぐフォローしよう!

伝統存続への危機感が浮き彫りに オマツリジャパン「祭り・イベント関係者の動向・意識調査」

祭り運営支援を行うオマツリジャパンのシンクタンク「祭り・イベント総合研究所」は9月15日、「コロナ禍における祭り・イベント関係者の動向・意識調査」の第2弾調査を実施した。開催は過半数を超えたものの、祭り減少への危機感を覚える声が多く、アフターコロナへ祭りの伝統維持へ対策が迫られている現状が明らかになった。「祭りに携わるのは体力に大変」と考えている関係者は70%にのぼり、そのうえで「コロナの影響で祭りへの人々の関心が薄くなっている」と感じているのは47・5%。担い手としての体力はもちろん、周囲の雰囲気...