キャリチャ

ハワイ、3月のホテル稼働率が43%に、一方ビーチのゴミも増加中

ハワイ、3月のホテル稼働率が43%に、一方ビーチのゴミも増加中 Travel Pulseによると、STRのデータでハワイ州の宿泊施設の稼働率が3月全体で43%となり、1月の23%、2月の31%から大きく回復傾向を示している。ハワイでは、昨年10月に検査で隔離の回避を可能にする「セーフ・トラベル・プログラム」を導入し、それ以降に約270万人が来訪。特に国内旅行先としての人気が顕著で、航空会社も米本土への路線を増加中で、日にちによってはロードファクターが80%台に達することもあるという。今後も、州として...