熊野古道SEN.RETREAT

観光庁、18年度概算要求は16%増の298億円-新財源検討へ

  • 2017年8月29日

観光庁は2018年度の予算概算要求で、今年度予算比16%増にあたる298億300万円を要求した。このうち一般会計については、昨年と同様に「訪日プロモーションの抜本改革と観光産業の基幹産業化」「世界最高水準の快適な旅行環境の実現」「『楽しい国 日本』の実現に向けた観光資源の開拓・魅力向上」の3本の柱を設け、17%増の247億1600万円を計上。同庁によれば一般会計の要求額としては昨年度の316億2800万円に次ぐ2位の額となる。復興枠では「東北観光復興対策交付金」などに、11%増の50億8800万円を...