TIFS緊急アンケート

【台湾現地レポート】外国人観光客の受け入れ再開へ本腰、国内旅行も活発に

  • 2022年8月24日

 台湾は、新型コロナウイルス流行に対して2年間入国管理を課しています。現在流行状況が徐々に安定して、一連の最新台湾入国免除ポリシーが発表され、資格のある多くの台湾の学生、労働者が徐々に台湾に戻って勉強と仕事をすることができるようになりました(外国人観光客はまだ入国できません)。今年6月15日以降、台湾の入国国境管理は7日間の隔離(防疫専用ホテルまたは1人1戸)が3日間に変更され、入国検疫ポリシーは3日間の隔離+満了後の4日間の自己健康管理に変更されました。以前に比べて制限はかなり緩和されたと言えるでしょう。

 また、台湾は以前から国境を越えた観光のために準備を重ねており、外国人観光客が台湾を訪れるための政策についても議論しています。それらは22年の第3四半期と第4四半期に開設される予定で、台湾人の海外旅行も可能になります。

ライトアップツアーも人気のランドマーク、台北101。台北市は外国人観光客の誘致に向けて、夜間の観光にも力を入れている

 ワクチン接種率の増加と検疫政策の緩和により、海外旅行は徐々に再開されています。台湾桃園空港の6月の旅客数は20万人で、前年同月比190%となっており、旅客機の搭乗率が上昇していることを示しています。また、台湾が6月15日から乗り換え政策を再開した後、桃園空港では7月1日から10日までのわずか10日間で2万人以上が乗り換えました。1月から6月までの累計旅客数は74万人で、前年同期の45万人から60%増加しています。空港の人の流れはかなり回復してきています。

 また、桃園空港はコロナ以前の規模での航空便の再開に向けて積極的に準備を進めており、空港の施設とサービスを継続的に改善するために、北と南の滑走路の改修やターミナル施設の改修などの計画を実行しています。防疫の観点から、空港は最高レベルの警戒基準でウイルス排除措置を実施し、さまざまな防疫措置を実施しています。

観光関連事業者は労働力不足への対策を当局に呼びかけ

 新型コロナウイルス流行の影響を受けて、観光客数は大幅に減少し、景勝地の多くの企業は閉店したり店舗を売却したりしています。観光産業の低迷は、関連する従業員の数の急激な減少につながります。6月に入国規制緩和の方針が発表される見込みのなか、台湾の観光業界関係者は人手不足を懸念し、事前に対策を講じるよう当局に呼びかけました。

 観光産業への影響を軽減するために、台湾当局は2020年4月から特別に「観光産業救済予算」を作成しました。当初の「救済 1.0」から「救済 5.0」まで、総額244億3000万台湾ドルが投資されました。また、昨年10月には台湾市民に対して国内旅行をサポートするクーポンを発行しました。ただし、その政策はあまり機能していないようです。クーポン利用率は73%に上りましたが、それらのうちホテル業界で使用されているのは52%程度で、他の観光産業ではほとんど使用されていませんでした。国内旅行では旅行代理店に頼ることはほとんどなく、クーポンのほとんどは飲食代の控除に使用されるため、旅行代理店やホテルの補助にはあまり役に立ちません。

 観光産業のほとんどの企業は、流行の初期段階でシフトとレイオフによって従業員を徐々に減らし、存続のためのライセンスのみを保持しました。観光産業の従業員数は、新型コロナウイルスの流行前の4万人以上から現在は約2万人にまで減少しています。観光客受け入れ政策の緩和が迫るなか、観光業界に準備の時間が与えられない場合、観光の「労働力不足」が発生する可能性があります。事業者はインバウンド開業までに最低でも1ヶ月の準備期間が必要です。