TIFS

ブルーツーリズム支援8地域を選定、海洋放出の風評対策で 観光庁

  • 2022年6月23日
  • 出典:トラベルニュース社

国が計画している東京電力福島第一原子力発電所からのALPS処理水の海洋放出による風評対策として、観光庁は6月23日、岩田県陸前高田市や宮城県気仙沼市など岩手、宮城、福島、茨城4県の海浜8地域を海の魅力を高めるブルーツーリズム推進支援事業の対象に選定した。

観光庁では今年6月から7月にかけ、海水浴場等の受入れ環境整備や海関連の体験コンテンツの充実、海にフォーカスしたプロモーションの強化などに取り組む自治体など地域を公募していた。

今回、第1次支援事業に選定されたのは岩手県の陸前高田市、宮城県の気仙沼市観光協会、南三陸町、東松島観光物産公社、インアウトバウンド仙台・松島、福島県の相馬市観光協会、茨城県の高萩市、大洗町の8団体。

海水浴場の整備やマリンアクティビティの開発、サウナビレッジづくりなどに取り組む。

情報提供:トラベルニュース社