「あの人にインタビューして欲しい」リクエスト受付中!

ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ代表取締役社長 井上理氏

  • 2022年1月6日

 2020年から始まったコロナウイルスの世界的大流行は、昨年2021年においても引き続き猛威を振るい観光業界に大きな損害を与えたことは大変残念なことでありました。当社も同様に大きな損害を受けましたが、関係各所の方々の更なるご理解とご協力により、ここまで耐え抜くことが出来ました。皆様には心より感謝申し上げます。

 当社は、昨年2021年を「将来の成長の糧にする年」とし、ホテル品質の向上・利益構造の見直し・新規収益機会の獲得という3つのテーマのもと、悲観的に準備し、楽観的に行動してまいりました。全てのテーマにおいて、ゴールは無く、常に見直しと改善を続けなければならないものではありますが、ホテルスタッフを始めとする従業員の努力が実を結び、コロナ前と比較して組織全体が強くなり、一定の成果を挙げることが出来たと感じております。

 特に、新規収益機会であるリブランド案件の獲得に関しては、様々な物件条件や市場状況に対応できるよう、保有するブランド数を増やし物件所有者の負担を軽減し、短期間で新しいホテルとして再度開業することができる体制を強化してまいりました。結果としてこの1年で多数の実績を残せたことは大きな自信となりました。今年もすでに多くのご用命をいただいておりますが、現状に満足することなくより多くの案件を獲得できるよう努力してまいります。

 また、テイクアウトや外販商品の開発に力を入れてきたレストラン部門は、昨年行った利益率の改善をさらに推し進め、蓄積したノウハウをチェーン展開し、新たな販売手法、販売チャネルに挑戦したりすることで、新たなチェーンとしての仕組みを確立させたいと考えております。

 さらに、コロナ禍で変化したライフスタイルに対応するべく、システムに対する投資も強化する必要があると痛感しております。それぞれのブランドに合った形で、ウィズコロナの新たな世界に対応し、ホテル品質の向上を図っていきます。

 最後に、今年の経済環境がどのようなものになるかは、現時点では極めて不透明ではありますが、ホテルの価値を最大限に上昇させることを目指して1軒1軒、妥協せずにホテルを創るという当社のスタンスは変わることありません。ホテル空間の新たな活用についても模索を続けており、他業種との協業も視野に入れ、ホテルという不動産の可能性を広げる動きを積極的に行っていきたいと思います。そして、その成果が、関係各所に良い結果をもたらすような好循環を目指し、必ず、2022年を「飛躍の年」にしてまいります。