travelvision complimentary

日本旅行、熊本支店を移転しリニューアル−富裕層もターゲットに

  • 2008年2月21日
 日本旅行は2月25日に、熊本支店を現在の位置から約100メートル西側のビル1階に移転し、リニューアルする。2011年の九州新幹線の鹿児島ルート全通と人口67万人の熊本市のマーケットを考慮し、重要販売拠点として店頭販売を強化する。同支店では、企画商品の販売に重点を置き、ヨーロッパ、アジアJR利用商品等の品揃え、なかでも特に、熊本発着の韓国プランや、JRを利用した山陰・京阪神地区への商品を強化する。

 リニューアルでは、カウンター面積が90平方メートルから112平方メートルに約25%増床、座席数も8席から10席になる。さらに、富裕層にも対応するためエクセレントルームという独立したスペースを開設し、落ち着いて接客できる環境を用意。オープン記念企画として、出発日限定で「ソウル2泊3日」を2万9900円から3万6900円で販売するほか、1万円以上の購入者が対象の海外・国内旅行が当たる抽選会、九州の宿ペア無料券が当たるオープン懸賞を実施する。なお、旧店舗は22日で営業を終了する。


▽関連記事
日本旅行、鹿児島支店を移転、商品造成の積極化や営業時間繰り下げで工夫(2007/09/05)