第6回トビィ抽選会

日本航空、中期経営計画の基本的な方向性を決定−国交相「痛み伴う改革を」

  • 2009年6月22日

日本航空(JL)は6月19日、2009年度を初年度とする中期経営計画の基本的な方向性についてとりまとめた。これによると、従来のビジネスモデルにこだわることなく、収益性が高くリスク耐性の高いビジネスモデル構築を目標とし、そのために現在の供給規模や組織運営体制などの供給構造を抜本的に変革する考えだ。今後はこの基本的な方向性に基づき、需要回復に過度に依存しない供給構造への変革や、抜本的なコスト削減施策などについて検討。夏から秋にかけて中期経営計画を策定できるようめざす方針だ。具体的には、すでに2009年度...