エジプトチャーター便が好調、1月2月は「ほぼ満席」

  • 2016年12月21日(水)

DCIの加藤氏  ツアーオペレーターのデスティネーションコンサルタンツ(DCI)はこのほど、日本旅行業協会(JATA)の協力のもと、エジプト観光セミナーを開催した。同社はエジプトのSPTツアーズが11月から来年3月にかけて実施している、エジプト航空(MS)による日本/エジプト間チャーター便の日本での販売を担当。セールスマネージャー兼大阪営業所長の加藤浩氏によれば、特に来年以降の便が「非常に好調」という。

エジプト考古学博物館で貸切観光をおこなった旅行会社も  チャーター便はカイロから関空、成田、ルクソールを経由し、カイロへと戻るもので、11月20日から3月26日まで週1便、計19本を運航する。機材はビジネスクラス49席、エコノミークラス291席のボーイングB777-300ER型機。

 DCIセールスマネージャー兼大阪営業所長の加藤浩氏によれば、ジェイティービー(JTB)やエイチ・アイ・エス(HIS)、阪急交通社などがチャーター便を利用するパッケージツアーを造成。12月末までの便については「販売期間が短かった」ことから、乗客は1機あたり200名から230名程度にとどまったが、1月と2月については「ほぼ満席」という。同氏によれば、チャーター便で提供する計6460席のうち5100席が、運航終了分も含めて12月上旬までに予約された。

エジプト大使館参事官のマムドゥーフ氏  セミナーではエジプト大使館参事官のターメル・マムドゥーフ氏が、エジプト政府が治安対策に注力していることを強調。「政治的な安定性と安全性は観光にとって重要」と語り、数ヶ月前には3200万米ドルをセキュリティ対策に投下したことなどを説明した。

 そのほかには、DCIのターメル・アンワル氏がエジプトの現地情報について紹介。主要観光地のカイロやルクソール、アスワンなどについては外務省が危険レベルをレベル1の「十分注意してください」にとどめていることを説明した上で「通常のツアーの催行は問題ない」と主張した。また、現地の旅行会社は外国人旅行者を受け入れる場合、事前に観光警察に人数、旅程などの情報を報告する必要があることを説明し「観光警察は滞在時の情報を把握している」と伝えた。

 なお、エジプトでは12月9日に北部のギザ県とカフル・エルシャイク県で、11日にはカイロ中心部で爆弾テロ事件が発生し、死傷者が出たところ。アンワル氏によれば、旅行者のキャンセルなどは特に出ていないという。

■海外ニュース

OFC国際航空運賃検定
ヤクーツク航空
ビズリーチ
ワンクリックアンケート

勤め先はプレミアムフライデーを導入しますか?

投票する

助成金・補助金情報

一覧

「【香川県】旅行業者等向け補助金制度 高松観光コンベンション・ビューロー」
香川県高松市をクライアントへ企画提案 企業限定 受注型団体旅行 < 企業コンベンシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ