グアム、自動入国審査を導入、最大9割短縮

  • 2016年10月12日(水)

 グアム国際空港はこのほど、入国審査の一部を自動化する機器「APC(Automated Passport Control)」を8台導入した。旅行者が、入国審査の列に並ぶ前にAPCでパスポートのスキャンや写真撮影、指紋登録などを済ませることで審査時間を短縮するもの。

 ESTAを取得していて、その有効期間内に一度でもハワイとグアムを含むアメリカ本土を訪れたことがあれば誰でも利用でき、対象者であれば従来と比較して89%早く入国審査を終えることが可能。また、入国審査官がこれまで旅行者1人にかけていた時間で4人の審査を終えられるようになることから、APCの利用対象でない旅行者も33%早く入国できるようになるという。

 なお、APC設置後もESTA専用レーンは継続稼働している。

■海外ニュース

マネパカード1
ベルトラ
ビズリーチ
ワンクリックアンケート

勤め先はプレミアムフライデーを導入しますか?

投票する

助成金・補助金情報

一覧

「【香川県】旅行業者等向け補助金制度 高松観光コンベンション・ビューロー」
香川県高松市をクライアントへ企画提案 企業限定 受注型団体旅行 < 企業コンベンシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ