旅行会社の強い味方、次世代デスクトップ「スマートポイント」【PR】

革新的な機能で業務の効率化を実現

  • 2016年7月5日(火)

ホテルの部屋や建物の外観を写真や動画で確認可能  トラベルポートの完全子会社であるトラベルポートジャパン(旧ガリレオジャパン)は、トラベルポートが開発した次世代デスクトップ「スマートポイント」について、日本での本格展開を始めた。トラベルポートは2012年、それまでの従来型GDSプロバイダーから、より総合的な「トラベルコマースプラットフォーム」にビジネス戦略を転換。その中心となるのが「スマートポイント」だ。旅行予約の環境が変化しているなか、旅行会社向けの新たなデスクトップソリューションとして期待は大きい。そのメリットと活用法について、トラベルポートジャパンに話を聞いた。


リッチなコンテンツ、ストレスフリーな操作性

他のGDSのフォーマットで入力したコマンドを自動的にアポロのコマンドへ変換して処理できる機能も  スマートポイントは、現在のデスクトップソリューション「ガリレオデスクトップ」の後継機。従来のアポロのコマンドはそのままに、コンテンツと操作性を大幅に向上させた。従来の航空券に加えて、航空会社のアンシラリーサービス、ホテル、レンタカーなどのコンテンツを総合的に用意。これまで以上に見やすくわかりやすいリッチなコンテンツを提供できるようになり、顧客へ提供できる情報と予約手配の幅が広がった。

アカウントセールスマネージャーの松岡三智男氏  操作の大きな特徴がワンストップサービス。旅行会社は、進行中のワークフローから離れることなく、スマートポイント上で顧客のリクエストに応えられるとともに、追加情報も提供することができる。

 さらに、画面もグラフィックユーザーインターフェイスに。従来は予約などの操作の際にテキストのコマンドを手動で入力していたものを、簡単に操作できるようにした。トラベルポートジャパンで営業を担当するアカウントセールスマネージャーの松岡三智男氏は「操作性の向上は、業務の効率化やトレーニングの時間短縮にもつながる」と自信を示す。

■海外ニュース

クルーズアンケート
LINEスタンプ
ビズリーチ
ワンクリックアンケート

朝は何時に起きてますか?

投票する

助成金・補助金情報

一覧

「【香川県】旅行業者等向け補助金制度 高松観光コンベンション・ビューロー」
香川県高松市をクライアントへ企画提案 企業限定 受注型団体旅行 < 企業コンベンシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ