日本航空、新ビジネスシート導入、7月からB772ERに

  • 2016年3月23日(水)

JAL「スカイスイートIII」シート 日本航空(JL)は7月から、国際線用のボーイングB777-200ER型機に新しい座席を搭載し、羽田/バンコク線に投入する。従来から新仕様の「スカイスイート」をB777-300ER型機、B767-300ER型機、B787-8型機、B787-9型機に導入してきたが、今回のB777-200ER型機の座席刷新により国際線用のB777型機シリーズはすべてスカイスイート仕様となる。

 B777-200ER型機に搭載するのは、ビジネスクラスが「スカイスイート III(スリー)」、プレミアムエコノミーが「スカイプレミアム」、エコノミーが「スカイワイダー」。現行の座席構成と比較すると、座席数は最大で76席減少する。

 スカイスイート IIIはベッド長が最大約198センチメートルのフルフラットシートで、1-2-1の配置とすることで全席を通路に面する形とした。ベッド幅は最大約74センチメートル、アームレスト間のシート幅は約51センチメートルから約52センチメートル。17インチのモニターを搭載する。

 また、可動式アームレスト内の小物入れなど収納スペースを充実したほか、中央2列の座席はプライバシーと同行者とのコミュニケーションそれぞれに配慮して可動式のパーティションを採用している。

 プレミアムエコノミーは基本的にこれまでのスカイスイート仕様と変更なく、2-4-2の配列に約107センチメートルのピッチで座席を配置。シート幅は約48センチメートルで、モニターはバルクヘッドが10.6インチ、それ以外が12.1インチとした。

 このほか、エコノミークラスは並び席を確保しやすいよう3-4-2を採用。導入するスカイワイダーは既存のB777-300ER型機などと同じもので、シートピッチを7センチメートル程度拡大したことに加え、シート自体が薄くなっていることから足元のスペースは最大で約10センチメートル広くなる。モニターは10.6インチだ。

※訂正案内(編集部 2016年3月24日 08時35分)
・最終段落第2文
誤:並び席を確保しやすいよう2-4-2を採用

正:並び席を確保しやすいよう3-4-2を採用

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

クルーズアンケート
LINEスタンプ
ビズリーチ
ワンクリックアンケート

朝は何時に起きてますか?

投票する

助成金・補助金情報

一覧

「【香川県】旅行業者等向け補助金制度 高松観光コンベンション・ビューロー」
香川県高松市をクライアントへ企画提案 企業限定 受注型団体旅行 < 企業コンベンシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ