土日のファクタリング
資金調達するためにファクタリングサービスを利用する企業が増えつつあります。 しかし、平日しかファクタリングできないサービスも少なくないのが現状です。 そこで今回は、ファクタリング会社を探している方に向けて、土日対応のおすすめのファクタリング業者を紹介します。

土日に振込対応しているファクタリング業者13選

土日のファクタリングのフローチャート 早速、土日に振込対応しているファクタリング業者を解説します。 土日に振込対応しているファクタリング業者として以下のものがあげられます。 今回の記事は下記を参考にしております。
出典:土日のファクタリングの注意喚起

引用: 貸金業法上、給与ファクタリングを業として行うことは貸金業に該当すると考えられ ています。無登録で給与ファクタリングを業として行う者はヤミ金融業者ですので、利 用するのは絶対にやめましょう。

それぞれの業者のサービス内容を以下の表にまとめました。
ファクタリング業者 入金スピード 対応時間 資金調達可能な金額 手数料 契約種別 必要書類 土日対応の有無
ラボル 最短即日入金対応 24時間365日 1万円~ 10% 2者間ファクタリング ・請求書 ・成因資料 ・本人確認書類
ファクタリングベスト 最短3時間入金対応 10:00~19:00 非公開 2%~20% 2者間ファクタリング ・本人確認書類 ・契約関連書類 ・銀行通帳
えんナビ 最短1日入金対応 24時間365日 50万円~5,000万円 5%~ ・2者間ファクタリング ・3者間ファクタリング ・請求書 ・銀行通帳3カ月分
事業資金エージェント 最短3時間入金対応 9:00~19:00 20万円~2億円 1.5%~ ・2者間ファクタリング ・3者間ファクタリング ・本人確認書類 ・銀行通帳 ・請求書 △(土曜日のみ)
ファクタリングZERO 最短即日入金対応 9:00~19:00 20万円~5,000万円 1.5%~10% 2者間ファクタリング ・本人確認書類 ・銀行通帳 ・請求書
ペイトナーファクタリング 最短10分入金対応 10:00~19:00 1万円~100万円 10% 2者間ファクタリング ・freee連携情報 ・本人確認書類(初回のみ)
QuQuMo 最短2時間入金対応 10:00~17:00 金額上限なし 1%~ 2者間ファクタリング ・請求書 ・銀行通帳
BESTPAY 最短1日入金対応 10:00~19:00 100万円~1億円 5%~ 2者間ファクタリング ・銀行通帳 ・請求書 ・審査申込書
PAYTODAY 最短30分入金対応 10:00~17:00 10万円~ 1%~9.5% 2者間ファクタリング ・決算書 ・入出金明細 ・請求書 ・本人確認書類
onfact 最短60分入金対応 24時間365日 30万円~1億円 2%~20% 2者間ファクタリング ・請求書 ・身分証明書 ・銀行通帳
ビートレーディング 最短2時間入金対応 24時間365日 金額上限なし 2%~12% ・2者間ファクタリング ・3者間ファクタリング ・債権に関する書類 ・銀行通帳2カ月分
ランクファクター 最短1~2時間入金対応 24時間365日 30万円~1,000万円 1.5%~20% ・2者間ファクタリング ・3者間ファクタリング ・その他ローンの紹介など 非公開
GoodPlus 最短90分入金対応 8:30~20:00 ~500万円 5.0%~ ・2者間ファクタリング ・3者間ファクタリング ・請求書あるいは発注書 ・身分証明書 ・銀行通帳
この表を基にそれぞれのサービスの特徴について解説します。

ラボルは土日祝日でも最短60分での入金が可能

ファクタリング業者 ラボル
入金スピード 最短即日入金対応
対応時間 24時間365日
資金調達可能な金額 1万円~
手数料 10%
契約種別 2者間ファクタリング
必要書類 ・請求書 ・成因資料 ・本人確認書類
土日対応の有無
ラボルは土日祝日でも最短60分での入金が可能なファクタリングサービスです。 短い時間での資金調達が土日祝日関係なくできるため、自分の都合に合わせて資金調達できます。 また、ラボルでは最低1万円から申請でき、申請する金額の上限額は決まっていません。 そのため、少額取引したい方でも大口取引したい方でもおすすめできます。 ラボルは上場している大企業・中小企業でなく、個人事業主でも問題なく利用できます。 むしろラボルはフリーランス・個人事業主向けに特化したファクタリングサービスとして有名です。 他社で融資を断られているフリーランス・個人事業主は遠慮なく相談してみてください。

ファクタリングベストは審査通過率90%以上!一度でまとめて4社に見積もり

ファクタリング業者 ファクタリングベスト
入金スピード 最短3時間入金対応
対応時間 10:00~19:00
資金調達可能な金額 非公開
手数料 2%~20%
契約種別 2者間ファクタリング
必要書類 ・本人確認書類 ・契約関連書類 ・銀行通帳
土日対応の有無
ファクタリングベストは審査通過率が90%を超えているファクタリングサービスです。 ファクタリングサービスを利用した際に資金調達できないことに不安を覚える企業が多いです。 しかし、ファクタリングベストであればよほどのことがない限りは資金調達に失敗することはありません。 また、ファクタリングベストはまとめて見積もりする際にも対応してもらえます。 複数のファクタリングサービスに見積もりを出してもらい、その中で条件のよいところを選ぶとよりよい条件で資金調達しやすくなります。 複数見積もりたい場合はファクタリングベストを利用してみてください。

えんナビは24時間土日もOK!365日利用しやすい

ファクタリング業者 えんナビ
入金スピード 最短1日入金対応
対応時間 24時間365日
資金調達可能な金額 50万円~5,000万円
手数料 5%~
契約種別 ・2者間ファクタリング ・3者間ファクタリング
必要書類 ・請求書 ・銀行通帳3カ月分
土日対応の有無
えんナビもラボル同様に土日関係なく24時間365日利用できるファクタリングサービスです。 いつでも資金調達できるとなると、日中ではなく夜間営業を主とする業界・業種においても安心して利用しやすいです。 また、ラボルとの違いとしてえんナビでは3者間ファクタリングにも対応している点があげられます。 2者間ファクタリングは業者と依頼主の2者間で資金調達取引を行うファクタリング方式です。 一般的に2者間ファクタリングを用いる場合が多く、依頼主の取引相手に悟られないで資金調達する仕組みとなっています。 一方で、3者間ファクタリングは業者と依頼主に加え、依頼主の取引相手の3者間で資金調達取引を行うファクタリング方式です。 2者間ファクタリングではやや手数料がかかりやすいですが、3者間ファクタリングであれば手数料の負担が減らせます。 しかし、3者間ファクタリングは審査基準が厳しく設定されているため、手数料はかかりやすくても資金調達の確実性は下がってしまいます。 加えて、資金調達していることを取引相手に悟られてしまう点に注意してください。

事業資金エージェントはオンライン完結可能で土曜日も対応

ファクタリング業者 事業資金エージェント
入金スピード 最短3時間入金対応
対応時間 9:00~19:00
資金調達可能な金額 20万円~2億円
手数料 1.5%~
契約種別 ・2者間ファクタリング ・3者間ファクタリング
必要書類 ・本人確認書類 ・銀行通帳 ・請求書
土日対応の有無 △(土曜日のみ)
事業資金エージェントはオンライン完結可能で土曜日も対応しているファクタリングサービスです。 ファクタリングサービスの中には対面での手続きを求められるところもあります。 しかし、事業資金エージェントであればオンラインで完結する手続きの仕組みが敷かれており、事業元の住所に関係なく利用できます。 また、最大で2億円の資金調達ができ、よほどの大手企業でない限りは必要な金額が借りやすいです。 20万円以上であれば少額取引にも対応しているため、相談先の1つとして考えてみてください。 ちなみに、事業資金エージェントは日曜日は対応していない点に気を付けてください。

ファクタリングZEROは西日本からの利用が便利!土日も電話OK

ファクタリング業者 ファクタリングZERO
入金スピード 最短即日入金対応
対応時間 9:00~19:00
資金調達可能な金額 20万円~5,000万円
手数料 1.5%~10%
契約種別 2者間ファクタリング
必要書類 ・本人確認書類 ・銀行通帳 ・請求書
土日対応の有無
ファクタリングZEROは西日本を中心に対応しているファクタリングサービスです。 西日本での対応を主軸としていることもあり、地域性を加味した相談がしやすいです。 西日本で事業展開を行っている企業であれば、地域性を踏まえた相談をしたい場合にはファクタリングZEROを利用してみてください。 また、ファクタリングZEROは資金調達した金額に応じて手数料の負担が減らしやすいです。 5,000万円での資金調達を1.5%の手数料で抑えられるため、手数料をかけずに取引するならファクタリングZEROを選択肢の1つに入れましょう。 ただ、西日本の地域性に寄り添ったサービスを受けられる反面、東日本に本拠地を構える企業は利用できない点に注意が必要です。

ペイトナーファクタリングの必要書類は2点だけ!土日も受付

ファクタリング業者 ペイトナーファクタリング
入金スピード 最短10分入金対応
対応時間 10:00~19:00
資金調達可能な金額 1万円~100万円
手数料 10%
契約種別 2者間ファクタリング
必要書類 ・freee連携情報 ・本人確認書類(初回のみ)
土日対応の有無
ペイトナーファクタリングは必要な書類が少ないファクタリングサービスです。 本来なら身分証明書や請求書、銀行通帳の3点を確保しておくのが一般的です。 ペイトナーファクタリングの場合は初回利用時にのみ本人確認書類を提出すれば問題ありません。 加えて、freeeの連携情報を求める点も特徴的です。 freeeはクラウド会計ソフトとして人気の高いサービスです。 決算書の作成や普段の経理・会計処理、確定申告までfreeeだけで完結させられる優れものとして知られています。 freeeを利用している企業であればペイトナーファクタリングの利用を視野に入れてみてください。 ただ、資金調達できるのが100万円までで、少額取引にしか対応していません。 その分資金調達のスピードは早いですが、大口取引を考えている企業にはおすすめできません。

QuQuMoは土日祝も急ぎの場合は対応してくれることがある

ファクタリング業者 QuQuMo
入金スピード 最短2時間入金対応
対応時間 10:00~17:00
資金調達可能な金額 金額上限なし
手数料 1%~
契約種別 2者間ファクタリング
必要書類 ・請求書 ・銀行通帳
土日対応の有無
QuQuMoは土日祝も急いでいる場合に柔軟に対応してくれるファクタリングサービスです。 基本的には2時間程度を目安にいくらでも資金調達できる仕組みになっています。 金額次第では1%での手数料での資金調達が可能です。 また、QuQuMoは必要な書類の数も少なくて済む点も魅力的です。 本人確認書類を提出する必要はなく、請求書と銀行通帳さえあれば審査に応じてもらえます。 金額の上限なく利用でき、かつ本人確認書類が不要な点で多くの企業から重宝されています。 多数のファクタリング実績も持っているため、相談先に迷ったらQuQuMoを利用してみてください。

BESTPAYは審査通過率が高い!土日も問い合わせ可能

ファクタリング業者 BESTPAY
入金スピード 最短1日入金対応
対応時間 10:00~19:00
資金調達可能な金額 100万円~1億円
手数料 5%~
契約種別 2者間ファクタリング
必要書類 ・銀行通帳 ・請求書 ・審査申込書
土日対応の有無
BESTPAYは審査通過率が高くていつでも問い合わせしやすいファクタリングサービスです。 9割以上の確立で審査に通過でき、業績が悪くない限りは問題なく資金調達できます。 必要であれば本人確認書類なしで1億円ほどの金額が借りられます。 審査に応じてくれる時間帯は10時から19時までと決まっていますが、問い合わせだけであれば土日でも関係なくいつでも対応可能です。 時間帯をあまり気にせず相談したいことがある場合は、BESTPAYなら気軽に相談しやすいです。

PAYTODAYは手数料の低さがメリット!土日申し込み後は平日に対応

ファクタリング業者 PAYTODAY
入金スピード 最短30分入金対応
対応時間 10:00~17:00
資金調達可能な金額 10万円~
手数料 1%~9.5%
契約種別 2者間ファクタリング
必要書類 ・決算書 ・入出金明細 ・請求書 ・本人確認書類
土日対応の有無
PAYTODAYは手数料の低さが魅力的なファクタリングサービスです。 最低10万円からの借入となっていますが、上限の金額はありません。 高い金額が1%程度で資金調達できるため、特に高い金額を資金調達したい場合にはPAYTODAYで得られる恩恵が大きくなります。 また、土日申し込みにも対応しているため、いつでも気軽に相談を持ちかけてみてください。 しかし、土日に対応しているのは申込対応だけで、振込対応などには応じてもらえません。 加えて、PAYTODAYでは本人確認書類と請求書、決算書に加えて入出金明細も求められます。 提供する書類の数が増える点に注意が必要です。

onfactは土日対応してくれる!個人・法人問わず利用できる

ファクタリング業者 onfact
入金スピード 最短60分入金対応
対応時間 24時間365日
資金調達可能な金額 30万円~1億円
手数料 2%~20%
契約種別 2者間ファクタリング
必要書類 ・請求書 ・身分証明書 ・銀行通帳
土日対応の有無
onfactは個人・法人問わず利用できるファクタリングサービスです。 法人のみ対応しているファクタリングサービスも少なくありません。 そのため、個人で相談したいと考えていても応じてくれないといったケースもあります。 しかし、onfactであれば誰でも相談にのってもらうことが可能です。 また、onfactは土日祝日でも最短60分で入金してもらえます。 いつでも資金調達できてすぐに入金してもらえる点で、利便性の高いファクタリングサービスと言えます。 借りられる金額の範囲も広いため、onfactは特別不便に感じるところはないファクタリングサービスと考えておいてください。

ビートレーディングは月間契約が1,000件以上で実績豊富

ファクタリング業者 ビートレーディング
入金スピード 最短2時間入金対応
対応時間 24時間365日
資金調達可能な金額 金額上限なし
手数料 2%~12%
契約種別 ・2者間ファクタリング ・3者間ファクタリング
必要書類 ・債権に関する書類 ・銀行通帳2カ月分
土日対応の有無
ビートレーディングは月間契約が1,000件を超えていて実績が豊富なファクタリングサービスです。 実績を公開しているファクタリングサービスはそう多くありません。 しっかりとした実績があれば、説明してもらう内容にも納得しやすいです。 安心安全にファクタリングを進めるためにも、実績が豊富なファクタリングサービスを選ぶことをおすすめします。 また、ビートレーディングも資金調達可能な金額に制限がありません。 事業規模の小さな企業でも事業規模の大きな企業でも、ビートレーディングで自由に資金調達を進めてみてください。

ランクファクターは土日でも深夜まで電話受付をしている

ファクタリング業者 ランクファクター
入金スピード 最短1~2時間入金対応
対応時間 24時間365日
資金調達可能な金額 30万円~1,000万円
手数料 1.5%~20%
契約種別 ・2者間ファクタリング ・3者間ファクタリング ・その他ローンの紹介など
必要書類 非公開
土日対応の有無
ランクファクターは土日でも深夜まで電話対応してくれるファクタリングサービスです。 遅い時間まで電話対応してくれるのであれば、どの営業時間の業者でも連絡しやすいです。 対応可能な時間が問題で申込できなかったり、申し込みはできても夜間だとオンライン上での対応になったりするところが多い傾向にあります。 ランクファクターを利用すれば夜間の電話もできるため、時間の問題でファクタリングサービス選びに困っている企業は選択肢に入れてみてください。 ちなみに、2者間ファクタリングだけでなく3者間ファクタリングやそれに近しい他のローンも取り扱っています。 気になる場合は3者間ファクタリングや他のローンの利用も考えてみてください。

GoodPlusは土日も20時まで営業しているファクタリングサービス

ファクタリング業者 GoodPlus
入金スピード 最短90分入金対応
対応時間 8:30~20:00
資金調達可能な金額 ~500万円
手数料 5.0%~
契約種別 ・2者間ファクタリング ・3者間ファクタリング
必要書類 ・請求書あるいは発注書 ・身分証明書 ・銀行通帳
土日対応の有無
GoodPlusは土日祝日でも遅い時間まで対応しているファクタリングサービスです。 24時間365日営業のところと比べると優れているわけではありません。 しかし、土日祝日でも夜遅い時間まで利用しやすい点は魅力的です。 また、GoodPlusでは2者間ファクタリングだけでなく、3者間ファクタリングにも対応しています。 それぞれの状況に合わせて柔軟にどちらが適切か選びやすいです。 継続利用していく中で2者間ファクタリングと3者間ファクタリングを状況に合わせて使い分けていくなら、GoodPlusは柔軟に利用しやすいサービスと言えます。

土日対応のファクタリングサービスに関するよくある質問

土日対応のファクタリングサービスについてインターネット上にさまざまな質問が飛び交っています。 その中でも特に以下の質問が多数寄せられていました。 実際、どのような点を意識してファクタリングサービスや審査を乗り切ればよいかわからないと考える企業や個人事業主は少なくありません。 以下で詳細について解説します。

どのような点に注意してファクタリングサービスを選べばよい?

ファクタリングサービスを選ぶ際には、以下のポイントに注意してください。
  • 審査に手間と時間がかかることを前提に相談先を決める
  • 入金スピードを確認する
  • 買取可能額の上限と下限をチェックする
  • オンライン審査で完結するか調べる
ファクタリングサービスを利用する時点である程度は審査に手間暇がかかります。 いくつか書類を用意することになり、用意する書類の多さはファクタリングサービスごとで異なります。 少しでも手間暇をかけずに審査してもらうなら必要書類の少ないファクタリングサービスを探してみてください。 また、入金スピードを確認してファクタリングサービスを選ぶことをおすすめします。 早急に入金してもらわないと困る状況だと、できる限り早く入金してもらえるサービスを選ぶ必要があります。 他にも、買取可能額の上限と下限をチェックして、必要な金額に応じたサービスを選ぶのが望ましいです。 極端に上限値や下限値が低く設定されているところもあるため、念のため調達可能な金額を確認しましょう。 あとは、オンライン審査で完結するか調べておくと失敗を減らせます。 対面での手続きが終始求められる場合や部分的に求められる場合があります。 近年では多くのサービスがオンライン完結型になりつつありますが、念のためオンライン対応で済ませられるか確認してみてください。

ファクタリングサービスで審査に通過するためのコツは?

ファクタリングサービスで審査に通過するためのコツとして以下のものがあげられます。
  • 経営が安定している取引先の売掛債権を担保とすること
  • 支払期日が短い売掛債権を利用すること
  • 銀行系より独立系のファクタリングサービス会社を利用すること
  • 審査の通過率が高い会社を優先して選ぶこと
  • 1社だけでなく複数社のファクタリングサービスに見積もってもらって比較検討すること
  • 多くのステークホルダーから信頼できる企業運営を心掛けること
経営が安定している取引先の売掛債権を担保とすると、借りられる金額が多くなりやすいです。 ファクタリングサービスは売掛債権を担保として資金調達する方法です。 担保とする売掛債権を依頼主に提供している企業の経営が安定しているなら、業者側としては資金が回収しやすい状況が作れます。 そのため、経営が安定している取引先の売掛債権を優先して担保とすることで審査で優遇されやすいです。 また、支払期日が短い売掛債権のほうが優遇してもらいやすいです。 債権の支払期日の期間が長い場合、期日を迎えるまでに天災や経営悪化、その他不祥事などのトラブルが起きて回収できないリスクが高くなります。 支払期日が短いならそういったリスクの影響を受ける可能性が減るため、審査に通過しやすくなります。 他にも、銀行系より独立系のファクタリングサービスサービス会社のほうが審査に通過しやすいです。 ローン会社でも同じことが言えますが、銀行系は手数料が低い代わりに審査が厳しく設定されています。 一方で、独立系は手数料は少し高いものの、多少経営状況が悪くても審査に通過しやすい仕組みになっています。 審査の通過のしやすさを優先するなら独立系のファクタリングサービスを選ぶのが理想的です。 今回紹介したファクタリングサービスの中で独立系に該当するのは、ペイトナーファクタリングやビートレーディングなどがあげられます。 あとは、1社だけでなく複数社のファクタリングサービスに見積もってもらって比較検討することが大事です。 最初に見つけたファクタリングサービスが条件に合っていても、他のファクタリングサービスに目を向けてみるとよりよい条件のところが見つかることがあります。 機会損失を生み出すことがないように、複数社で比較検討して実際に相談するところを決めてください。 ちなみに、普段から多くのステークホルダーから信頼される企業運営を行っていれば、審査に通過しやすくなります。 健全な企業運営を実現しようと思っても短期的に結果が出せるわけではありません。 しかし、ファクタリングサービスの審査以外にもさまざまなメリットがあるため、時間をかけて健全な事業運営を心掛けましょう。