ファクタリング審査の甘い業者9選

ファクタリングは、現在法人や個人事業主が持っている売掛金や売掛債権を買取することで、決済日より前にその代金を運用可能な資金として、素早く先払いで調達できるサービスです。

そして、銀行融資や金融機関のローンと異なり、申し込みをした会社や個人の信用情報が、あまり審査に影響しないため、資金調達の可否を判断する審査の基準が比較的柔軟で甘いと言われています。

とはいっても必ず審査は行われ、100%資金調達できるというわけではなく、各社が独自に定めている審査基準に満たなかった場合は審査に落ちてしまうため、「審査の甘いファクタリング」を探している方もおられるはずです。

そこで今回は、各ファクタリング会社が公開している審査に関する情報や、それぞれのサービスを利用したリアルユーザーの口コミ・評判などを基に、審査の甘さで定評のあるファクタリング業者を紹介します。

ファクタリングの審査は、どういった基準のもと行われるのかや、診察うk率の向上につながるコツについても解説しますので、最後まで是非ご覧ください。

【審査通過率はトップクラス】審査の甘さで定評のあるファクタリング業者9選

目次

まずは、今回紹介していく審査が甘い・通過率がトップクラスに高いと言われているファクタリング業者の概要や特徴を、一覧表にまとめてみましたので、簡単に確認してみましょう。

サービス名 オンライン完結 資金調達所要時間 個人利用 調達可能金額 手数料 特徴
QuQuMo 可能 入金まで最速2時間 2社間取引 制限なし  1%〜14.8% オンラインでの手続き・契約完結に特化していて入金スピードが速く、少額売掛債権の買取にも対応している(買取限度額なし)ため、個人業者の利用も多い。
PMG(ビーエムジー) 非対応 最短即日 2社間・3社間ファクタリング 50万円~2億円 3%~8% 完全オンラインでのファクタリングはできないが、全国各地拠点があるため、担当者訪問での対面・契約可能
ビートレーディング 可能 最短2時間で入金 2社間取引・3社間取引 制限なし 2.0%~12.0% 審査通過率が98%と非常に高く、全国4か所に拠点を構えているため問い合わせ対応やアフターフォロー体制も充実している。
日本中小企業金融サポート機構 可能 最短30分審査 2社間・3社間ファクタリング 制限なし 1.5%〜10% 中小企業や個人事業主のサポートを目的とした非営利団体運営のため、審査基準は甘く設定されているが手数料は低水準で保っている。
アクセルファクター 可能 最短2時間で入金可能 2社間取引 数万円~1億円 2.0%~ 未回収リスクが高くなることで他社が敬遠する、支払期限が最長6か月先の売掛債権まで買取している。
ベストファクター 可能 着金まで最短1時間 2社間・3社間取引 30万円~1000万円まで非対面対応(対面の場合は1億円以上も可能) 2%~20% 通常の売掛金買取はもちろん、「診療報酬債権」や「介護報酬債権」など、専門的な知識が必要な債権買取にも対応。

フリーナンス

可能 最短30分の審査完了後、即日入金可能。 2社間取引 1万円~1000万円 3%~10% 無料の損害補償がついてくることで話題の、フリーランス・個人事業主特化型売掛金早期支払いサービス。
PAYTODAY 可能 即日可能(審査最短30分 2社間取引 10万円~制限なし 1%~9.5% 手数料が安いうえ、資金化可能金額の制限がないため、個人はもちろん中小企業やベンチャー企業がメインで利用していることもある、信頼度の高いファクタリング会社。
株式会社No.1 可能 最短30分 2社間・3社間取引

20万円~5000万円(5000万円以上は要相談)

1%~15% 総合型ファクタリングのほかに、建設業特化型・フリーランス特化型・乗り換え特化型など、業種・業態・規模や用途に合ったファクタリングを提案している。

次項からは、審査が比較的甘く柔軟で、資金調達に成功しやすいとされているファクタリング会社9社の詳細や、それぞれのサービス対応へ対する口コミ評判や、利用の際の手順などについて、解説いたします。

 

QuQuMoは審査の甘さで近年伸びてきているファクタリング

QuQuMoの画像

サービス名 QuQuMo
運営会社 株式会社アクティブサポート
運営会社所在地 東京都豊島区東池袋3-9-12 ニットービル9階
電話番号 0120-670-680
営業時間 平日9:00〜19:00
調達可能金額 制限なし
取引形態 2者間ファクタリング
個人事業主の利用 可能
オンライン対応 可能
資金化所要時間 入金まで最短2時間
公式HP https://ququmo.net/

QuQūMoは、申込から最短2時間で資金入金可能と、非常に即金性の高い売掛金買取・ファクタリングサービスです。

売掛金買取可能額も上限・下限ともに制限なしと非常に幅広いため、業種・業態・事業規模問わず様々なタイプの事業者が、資金調達手段の1つとして利用しています。

取引先に利用を知られる心配のない「債権譲渡登記無しの2社間ファクタリング」であるうえ、クラウドサインでの契約締結など手続き全般をオンライン完結できます。

手数料も「1%〜14.8%と低水準なのが特徴です。」

【公式】QuQuMoのオンライン申し込みはここから数十秒

QuQuMoには対応が丁寧で迅速という好評価の口コミ多数

QuQuMoに対するリアルユーザーからの口コミ・評判には、以下のようなものがありました。

出典:グーグルマップの規制当局引用:初めて利用した時からとても丁寧な対応をしてくださり 必要書類も少なく迅速だった為、それ以来継続して利用させて頂いております。取引先都合でのキャッシュフロー調整等で非常に助かっており、今後もご依頼するならこちらにします

出典:グーグルマップの規制当局引用:元請業者から振込がなく、銀行融資も下りず途方にくれている中、ダメもとで連絡してみると、快く話を聞いてくださり、なんとか契約していただいて、資金調達出来ました。担当の方も、親身になって話を聞いてくださり、今でも困ったときは、相談や契約も再度していただき、会社の立て直しに少しずつ力を貸していただき感謝してます

出典:グーグルマップの規制当局引用:最初は、ネット検索で、オンラインで完結とあったQuQuMoから問い合わせました。連絡も当日中にいただき、翌日には入金していただき大変助かりました。地方でしたので、見積もりや契約手続がオンラインでコストもかからず嬉しかったです。電話やメールの対応も非常に親切かつ柔らかい対応で相談しやすかったです。併せて提出書類も少ないことも嬉しく思いました。苦しい時に助けていただいたことに感謝申し上げます。ありがとうございました。

QuQuMoは、業界の中でもいち早くオンライン完結型ファクタリングを取り入れたサービスであるため、申込から入金までに至る資金調達プロセスのオンライン化が確立しているとともに、受付スタッフや担当者にもそのノウハウやマニュアルが浸透しています。

そのため口コミのように、対応が丁寧で迅速という好評価や、見積もりや契約手続がオンラインでコストもかからず嬉しかった、などといった声が多数寄せられているのでしょう。

PMG(ピーエムジー)は資金化可能範囲が広い割に審査は甘め

ピーエムジー

サービス名 PMG(ピーエムジー)
運営会社 pmg株式会社
運営会社所在地 東京本社:東京都新宿区西新宿2丁目4番1号 新宿NSビル25F
電話番号 03-3347-3333 
営業時間 8:00~22:00
調達可能金額 50万円~2億円
取引形態 2社間・3社間ファクタリング
個人事業主の利用 可能
オンライン対応 非対応
資金化所要時間 最短即日
公式HP https://p-m-g.tokyo

ピーエムジーは、2014年の設立より約10年にわたって、中小企業を中心に財務支サポートを続けてきた企業が運営するファクタリングサービスです。

「50万円~2億円」という資金化可能額の広さや、2社間・3社間とも「3%~8%」という手数料の手ごろさが好評で、企業イメージがその後のビジネスを大きく左右する中小企業や個人事業主の事情を鑑み、情報管理を徹底しています。

また、オンライン完結ファクタリングにこそ非対応ですが、東京本社のほか大阪・福岡など全国9か所に支店・営業所を構えているため、担当者訪問による手続きの進行・契約締結も可能ですから、日常業務で多忙な事業者でも安心して申し込みできます。

【公式】PMG(ピーエムジー)はこちら

PMG(ピーエムジー)は頼りになる!とリアルユーザーも絶賛

ビーエムジーに対するリアルユーザーからの口コミ・評判には、以下のようなものがありました。

出典:グーグルマップの規制当局引用:とても頼りになる会社です。 担当者も礼儀正しく、挨拶もきちんとしており、正直驚いてます。(ファクタリングの会社でこんなに丁寧かと…) ファクタリングに限らず。色々な事も教えていただいたり、案内してくれるのでとても頼りになる会社ですね。

出典:グーグルマップの規制当局引用:対応が早いのがすごく助かりますね。 どうしても急に資金が必要になったため、銀行なども考えましたが、知り合いから聞いたらここは迅速に対応してくれるとのことだったので、話を聞いてみました。 補助金や助成金のことについてあまりにも知識がなさ過ぎて、担当の方がわかりやすく説明してくれたのが決め手です。 対応も良く、手数料ももう少し安いといいなとは思いましたが、急ぎでもあったし納得のいく価格だったのでお願いしました。 やり取りにおいてもなにも支障なく進められたので、結果良かったと思います。

出典:グーグルマップの規制当局引用:お付き合いの長い会社です。 あまり知り合いの多くない私に、協業候補先を提案してくれるサービスはとても魅力的でした。提案も丁寧かつわかりやすいし、何度も背中を押してくださりました。 とても感謝しています。いつも親身になってくれて、助けられている部分が多いです。 最近は直接お会いできる機会も少なくなってしまいましたが、またご挨拶にも伺いたいと思います。これからもよろしくお願いいたします。

pmg株式会社はファクタリング利用時の低水準な手数料や高い審査通過率、迅速な資金入金と丁寧な担当者の対応に加え、適切かつ効果的な財務関連コンサルを、無料で受けられるのがポイントです。

特に、創業もなく業界にまだあまりつてがない事業主や、ファクタリングをはじめとする資金ちぃおうたつや財務管理に詳しくない方にとっては、非常に頼りになる存在となるでしょうし、リアルユーザーからはそういった口コミが寄せられています。

ビートレーディングの強みは98%に達している高い審査通過率

ビートレーディング

サービス名 ビートレーディング
運営会社 株式会社ビートレーディング
運営会社所在地 東京都港区芝大門一丁目2-18 野依ビル3階・4階
電話番号 0120-427-037
営業時間 平日9:30~18:00
調達可能金額 制限なし
取引形態 2社間ファクタリング
個人事業主の利用 可能
オンライン対応 可能
資金化所要時間 最短2時間で入金
公式HP https://betrading.jp/

ビートレーディングは、2012年にサービスを開始したファクタリングサービスで、98%に達する審査通過率の高さと制限なしと幅広い資金化可能金額を武器に、公式HPによると累計買取額はすでに1300億円を突破し、取引先総数も6万件に迫っているそうです。

また、全国4か所に拠点を構え、至近調達に関する問い合わせや手続きの手助け、利用後のアフターケアなどを行っているため、財務面での強力なサポーターとして、多くの事業者に頼られる存在となっています。

【公式】ビートレーディングはこちら

取引先に知られず安心という口コミのあるビートレーディング

ビートレーディングに対するリアルユーザーからの口コミ・評判には、以下のようなものがありました。

出典:グーグルマップの規制当局引用:急遽、資金を用意する必要があったのでネットで見つけた業者。 スムーズに手続きが進み、取引先にも知られずに利用できたので安心できました。

出典:グーグルマップの規制当局引用:初めての利用だったので不安でした!男性の方に対応してもらい!色々聞かれましたが、返済などの事もきちんと説明してもらいとても分かりやすかったです!手数料はちょっと高いかなと思いましたけど! 迅速に対応して頂きありがとうございます!

出典:グーグルマップの規制当局引用:事業資金の融資を銀行に頼もうと思ってた所、取引先に、ここの会社を教わりました。 ファクタリングは全くの無知だったんですが、かなり分かりやすく説明してくれました。 実際の債権に近い額で買い取ってもらえて良かったです

こちらの口コミをチェックしたところ、秘密重視と情報管理が徹底されていて、売掛先や取引先に資金調達のことが知られる心配がなく安心だ、というものが半数近くを占めていました。

仮に審査通過率が高くても手数料が安くても、債権譲渡のことが意図せず売掛先などに知られ、その後の取引やビジネスに支障が出ては元も子もありませんから、秘密重視に関する口コミも、ファクタリング業者選びの要素に加えておくべきです。

日本中小企業金融サポート機構は名前は固苦しいけど審査は柔軟

日本中小企業金融サポート機構

サービス名 日本中小企業金融サポート機構
運営会社 一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構
運営会社所在地 東京都港区芝公園一丁目3-5 ジー・イー・ジャパンビル2階
電話番号 03-6435-7371
営業時間 平日9:30〜19:00
調達可能金額 制限なし
取引形態 2社間・3社間ファクタリング
個人事業主の利用 可能
オンライン対応 可能
資金化所要時間 振込まで最短3時間
公式HP https://chushokigyo-support.or.jp/

日本中小企業資金サポート機構は、手数料収入だけを追いかける企業ではない「非営利団体」が運営しているため、「1.5%~10%」と業界でも最安水準と言える手数料で資金調達をサポートしてくれるファクタリングサービスです。

また、その名の通り中小企業を資金面でサポートするのが目的ですから、審査基準が甘めで通過率は「95%以上」と、創業間もない個人事業主やフリーランスでも利用しやすいうえ、資金調達に合わせて効果的な財務コンサルを受けられるのがメリットです。

【公式】日本中小企業金融サポート機構はこちら

日本中小企業金融サポート機構は初めての方でも使いやすいと評判

日本中小企業金融サポート機構に対するリアルユーザーからの口コミ・評判には、以下のようなものがありました。

出典:グーグルマップの規制当局引用:知人からの紹介で使わせてもらいました。 こんな便利なサービスがあるなんて全然知らず、もっと色んな事にアンテナを張りたいなと感じます。 初めての方でも使いやすくておすすめ

出典:グーグルマップの規制当局引用:取引先からの入金が遅れて困ってた時に、友人の紹介で利用したサービス。 こういうサービスがあると、零細企業としてはかなり安心できる。 困ったときはまたお願いしようと思う

出典:グーグルマップの規制当局引用:初めて利用したんですが、他のファクタリング業者に比べて対応が良かった気がします。 入金もスムーズで手数料も安く、使いやすいなと感じました

日本中小企業金融サポート機構は、サービス名にしても非営利団体という独特の立ち位置にしてもやや堅苦しいため、、資金調達に至るまでやたらと手続きが難関だったり、担当者の対応が事務的で冷たいのでないか、というイメージを持たれがちです。

しかし、口コミを見る限り担当者たちの接客や対応は好評で、手続き的にもわかりやすく入金までもスムーズで、初めてファクタリングにチャレンジする人でも安心して使える、という評判も多く見受けられました。

アクセルファクターの審査通過率は93%と高いのに手数料はお手頃

アクセルファクター

サービス名 アクセルファクター
運営会社 株式会社アクセルファクター
運営会社所在地 東京都新宿区高田馬場1-30-4 30山京ビル5階
電話番号 0120-785-025
営業時間 平日 10:00~19:00
調達可能金額 数万円~1億円
取引形態 2社間ファクタリング
個人事業主の利用 可能
オンライン対応 可能
資金化所要時間 最短2時間で入金可能
公式HP https://accelfacter.co.jp/

アクセルファクターは、2018年に創業した、比較的新しい部類に入るファクタリング会社で、どちらかというと少額取引の請求書買取を得意としていますが、買取可能額が「数万円~1億円まで」と大きく幅広いため、多種多様な事業者から人気を得ています。

「93%以上」とされる審査通過率の高さもさることながら、オンライン完結をはじめとする、資金調達プロセスの簡略化によるスピーディーな資金入金が持ち味で、申込者の半数以上が当日中の資金調達に成功しているそうです。

【公式】アクセルファクターはこちら

柔軟な審査で定評のあるアクセルファクターの使い方

アクセルファクターにて、オンラインファクタリングを進める流れ・手順は、以下のようになっています。

[timeline title=”アクセルファクターの利用手順”]

  • ”STEP1″
    ”申し込み”
    公式HPにある申し込みフォームに必要事項を入力し送信すれば、申し込みの重量を伝える自動返信メールが来るので確認しておく。
  • ”STEP2″
    ”電話ヒアリング”
    数分後、アクセルファクターの担当者から電話が来るので、買取希望額や売掛先などに関するヒアリングに回答する。
  • ”STEP3″
    ”必要書類の提出と審査”
    売却予定の請求書とその成因資料、通帳と身分証のコピーなどといった必要書類をメール添付やファックスなどで提出する。その後、提出書類やヒアリングの内容に従って、ファクタリング可否を判断する審査が実施される。
  • ”STEP4″
    ”契約と入金”
    審査を通過すれば、オンラインの場合は電子契約を締結する。契約締結後、最短15分から数時間で指定口座へ入金される。
  • [/timeline]

    ベストファクターは知名度も顧客満足度も審査通過率も高い業者

    ベストファクター

    サービス名 ベストファクター
    運営会社 株式会社アレシア
    運営会社所在地 東京都新宿区山吹町261トリオタワー4F
    電話番号 050-7562-0165
    営業時間 平日10:00〜19:00
    調達可能金額 30万円〜無制限
    取引形態 2社間・3社間
    個人事業主の利用 可能
    オンライン対応 審査までは可能、契約は対面にて実施。
    資金化所要時間 最短1時間〜
    公式HP https://bestfactor.jp

    ベストファクターは、「いざというときに頼れるパートナーがいるという安心感」を提供することをモットーに、資金調達のほかキャッシュフロー改善のための中長期的なプランの提案をする、株式会社アレシア運営のオンラインファクタリングです。

    審査通過率は92.2%と非常に高く、最短即日での資金調達も可能なので、資金調達手段として申し分ないスペックを持っていますし、年間相談件数8,455件・年間利用者数1,079件という実績を見ると、信頼性も申し分ありません。

    手数料については明示されていませんが、公式HPにある「簡単診断シミュレーター」を利用すれば、ある程度具体的な手数料について知ることができるため、申込前に試してみるとよいでしょう。

    ちなみに、運営会社のアリシアは請求書買取サービスであるベストファクターのほかに、「ベストペイ」という注文書ファクタリングサービスも提供しているので、注文書の現金化を検討している方は、そちらもチェックしてみてください。

    【公式】ベストファクターはこちら

    乗り換えで手数料が安くなったという口コミがあるベストファクター

    ベストファクターに対するリアルユーザーからの口コミ・評判には、以下のようなものがありました。

    出典:グーグルマップの規制当局引用:私は個人事業主ですがベストファクターさんに乗り換えたおかげで他社に比べ20%以上も手数料が安くなりました。 資金調達スピードも速く非常に助かりました。 担当の方も話しやすく相談にも乗っていただきありがとうございました。 親身になっていただけたうえに、良心的な手数料の優良企業様で良かったです。 今後ともよろしくお願い致します

    出典:グーグルマップの規制当局引用:どの業者からも平均以下の手数料を提示され、ベストファクターからの提案は、相見積もりの中では群を抜いてとは行かずとも、検討の価値がある内容でした。 状況に拠るのでしょうが、当社は低利での資金調達を実現できました。ありがとうございます

    出典:グーグルマップの規制当局引用:富山県で事業を営んでおります。 この度、納税のタイミングと重なり資金繰りが厳しかった為、御社のファクタリングを利用しました。 3か月先まで待たなくてはいけない売掛金が、低い手数料ですぐに現金化できて非常に助かりました。 取引先に知られることなく手元にある資金を現金化でき、従業員の給料も支払えて満足です。 この度は早急なご対応誠にありがとうございました

    いったん利用すると長い時には数年かけて返済していくことになる銀行融資やビジネスローンと異なり、売掛金の決済日が来れば契約満了となるファクタリングでは、乗り換えのチャンスは長くても数か月程度です。

    ただ、うまく手数料が安いところに乗り換えできれば、それだけでポンと実入りが増えることになるため、ファクタリング下売掛金の額が大きくしかも手数料が割高だったと考えているときは、一度このベストファクターに相談してみるべきでしょう。

    フリーナンスはフリーランス特化型で審査が甘く無料の損害補償付き

    フリーナンス

    サービス名

    FReeNANCe

    運営会社 GMOクリエイターズネットワーク株式会社
    運営会社所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
    電話番号  03-5458-8056(代表)
    営業時間 メンテナンスの時間を除き、24時間365日対応
    調達可能金額 1万円~1000万円
    取引形態 2社間ファクタリング
    個人事業主の利用 可能
    オンライン対応 対応
    資金化所要時間 最短30分の審査完了後に即日入金可能
    公式HP https://freenance.net/

    フリーナンス(FReeNANCe)は、国内インターネットビジネスの大手である「GMOグループ」に属する企業が運営している、フリーランス・個人事業主特化型の請求書先払いサービスです。

    「フリーランスのお金の問題と信用の問題を解消する」ために生まれたサービスだけあって、社会的信用で言うとやや法人より劣ってしまうフリーランスや個人事業主がメインユーザーであるにも関わらず、審査通過率は95%と高水準で、 最短3時間での入金も可能です。

    ちなみに、フリーナンスのファクタリング手数料は、おおむね「3%~10%」となっていますが、請求書の情報を基にした売掛先の信頼度と、『フリーナンス』の与信スコアや利用履歴を判断基準として算出されます。

    【公式】フリーナンスはこちら

    フリーナンス最大の特徴である無償の損害保険とは

    フリーナンス最大の特徴は、「フリーナンス口座」という振込専用の収納代行用口座を利用することにより、無償にて「あんしん補償Basic」と呼ばれる損害補償保険が付いてくることでしょう。

    この「あんしん補償Basic」は、業務遂行中の事故や仕事の結果による事故で被ったまたは与えてしまった損害を最高5000万円まで、受託物に関する事故も最高100万円まで補償してくれるもので、保険や補償が整っていないフリーランスから好評を博しています。

    また、レギュラープラン・プレミアムプランといったフリーナンスの有償プランに加入すると、従来の保険では取扱いが難しかった「情報漏洩」「著作権侵害」「納期遅延」などのトラブルにも対応している、「あんしん補償」が無料付帯されるのでより安心です。

    PAYTODAY|完全オンラインで即日利用

    サービス名 PAYTODAY
    運営会社 Dual Life Partners株式会社
    運営会社所在地 東京都港区南青山2-2-6 ラセーナ南青山7F
    電話番号
    営業時間 平日9:00〜19:00
    調達可能金額 10万円~制限なし
    取引形態 2社間ファクタリング
    個人事業主の利用 可能
    オンライン対応 対応
    資金化所要時間 最短30分からの即日振込
    公式HP https://paytoday.jp/

    PAYTODAYは、業界最速水準と言える最短30分という資金入金・振り込みまでのスピード感や、「1%〜9.5%」という低水準の手数料が人気のオンライン型ファクタリングサービスで、10万円から上限なしと資金化可能額も広いのが魅力です。

    直訳すると、「今日払う」というサービス名に恥じぬハイスピード資金調達を実現するため、一連の資金調達プロセスが簡略化し審査も独自のAI審査を導入した結果、誰しもが簡単に資金調達できる審査通過率の高いサービスとなっています。

    【公式】PAYTODAYはこちら

    AI審査が迅速で急ぎでも対応してくれるという口コミ多数のPAYTODAY

    PAYTODAY

    PAYTODAYに対するリアルユーザーからの口コミ・評判には、以下のようなものがありました。

    出典:グーグルマップの規制当局引用:急ぎで資金調達の必要がありましたが、ai審査導入しているとのことで、申請から5時間くらいで着金があり助かりました。また手数料も8パーセントと他社と比べて割安でした

    出典:グーグルマップの規制当局引用:急ぎで資金が必要でしたが、その日に入金してもらい非常に助かりました! 手数料も低めなので、また利用させてももらう予定です

    出典:グーグルマップの規制当局引用:迅速に対応していただき良かったです。 手数料も安くて助かりました。また困った時は利用させてもらいます

    口コミを見てもわかるとおり、PAYTODAY最大の持ち味は資金化までのスピードの速さで、上限・下限ともに売掛金買取可能額も幅広く手数料も二けた以下とお手頃です。

    そのため、特にここと利用する業者が決まっていなかったり、過去に何度も利用した業者がいないのであれば、このPAYTODAYについては資金調達先の候補の1つに加えておくべきだと考えています。

    株式会社No.1|即日利用したい人におすすめ

    株式会社No.1

    サービス名 No.1
    運営会社 株式会社No.1
    運営会社所在地 東京本社
    〒171-0014 東京都豊島区池袋4丁目2−11 CTビル3
    電話番号 03-5956-3670 / FAX 03-5956-3671
    営業時間 平日9:00~19:00(土日祝休)
    調達可能金額 20万円~5000万円(5000万円以上要相談)
    取引形態 2社間・3社間ファクタリング
    個人事業主の利用 可能
    オンライン対応 対応
    資金化所要時間 最短30分
    公式HP https://no1service.co.jp

    株式会社NO.1は、最低1%からという業界最安レベルの手数料と、最短30分での入金可能という抜群の資金化能力を背景に、他社から乗り換え実績No.1&リピート率No.1を掲げる、審査通過率90%以上のファクタリングサービスです。

    Zoomやクラウドサインを用いての、全国対応によるオンライン完結ファクタリングも可能で、現在は法人からの買取を強化するため、初めてNo.1を利用のした法人限定で、「初回買取手数料50%割引or「他社より高額買取保証」というお得なキャンペーンを実施しています。

    【公式】株式会社No.1はこちらから

    株式会社NO.1には業界特化型ファクタリングもあって使いやすい

    株式会社NO.1に対するリアルユーザーからの口コミ・評判には、以下のようなものがありました。

    出典:グーグルマップの規制当局引用:建設業特化のファクタリングを利用しました。営業の方も建設業界出身で話が早かったです

    出典:グーグルマップの規制当局引用:銀行融資までのつなぎとして利用しました。ファクタリングの利用は初めてでしたが、営業の方が親身になって相談にのってくれました。 レスポンスも早かったです。 良い会社だと思います

    出典:グーグルマップの規制当局引用:建設業特化という広告を見て連絡してみました。担当の方が凄く丁寧でファクタリングの仕組みの説明も分かりやすかったです

    NO.1には、業種や業態・事業規模などを問わない「総合型」のほかに、建設業界特化型・個人事業主特化型・フリーランス特化型・乗り換え特化型・オンライン特化型と、業種・業態・用途ごとに特化型ファクタリングを用意しています。

    それぞれ、各業界の仕組みや事情に明るい担当者が配置されており、手数料や資金化可能額などのサービス概要も異なるため、該当する特化型があるときは、マッチする特化型ファクタリングを選択するとよいでしょう。

    審査が甘い・通過しやすいファクタリングの共通点・見分け方

    上記で紹介したファクタリング業者を選んでいく指標にもしましたが、審査が甘く通過もしやすいファクタリング業者には、下記のような共通点・見分け方があるので、いくつか紹介しておきます。

    必要書類が少ない

    手数料が高め

    少額特化型である

    債権譲渡登記が必要

    審査通過率を公開している

    申込・審査・契約に必要な書類の量が少なく準備も容易

    ファクタリングの申込をするにあたって最低限必要となる書類は、「申込者または法人代表者の身分証明書」「買取する請求書や注文書」「代金収受用通帳のコピー」の3点です。

    そして、この3点以外の書類、例えば売掛先との過去の取引履歴を証明する書類や、申し込んだ法人の決算書など、数多くの書類等を求めてくる場合は、そのファクタリング業者がそれだけ厳密に審査を行っているということになります。

    つまり裏を返すと、ファクタリングの申込・審査・契約に必要な書類の量が少なく準備も容易であればあるほど、そのファクタリング業者の審査は甘めだと判断できます。

    手数料の上限値がやや高い

    ファクタリング利用時の買取手数料は、業者側の利益そのものであるのと同時に、買い取りした売掛債権が何らかの理由で回収不能となった時の損失を補填する、リスク軽減・分散用の資金源でもあります。

    ですので、2社間・オンライン完結など同じ取引・契約形態のファクタリング業者がある場合、公開している手数料範囲の上限が低水準である業者より、やや高水準である業者のほうが、やや審査が甘めだと判断すること多いというわけです。

    また同じ理由から、手数料が公式HPサイトのどこを見ても明記されておらず、審査終了時初めて判明するファクタリング業者も、低水準の手数料をアピールしている業者より、やや審査が甘い傾向にあります。

    資金調達可能額(売掛金買取可能額)の幅が狭く少額特化型である

    例えば、50万円の売掛金を買取しそれが未回収となった際の損失より、5000万円の売掛金が未回収になった時の損失のほうが、当然ながら大きくなります。

    そのため、資金を用意するファクタリング業者側の立場になればすぐわかると思いますが、少額の売掛金たいと理事より、高額の売掛金買取時のほうが、厳しく審査を行い未回収リスクがないか判断しなければなりません。

    つまり、資金調達可能額(売掛金買取可能額)の幅が狭い、少額特化型のファクタリング業者のほうが、審査基準が低めで資金調達に成功しやすいと言えるでしょう。

    債権譲渡登記を求めてくる

    債権譲渡登記を行っておけば、ファクタリング利用者が売掛金を入金しなかった場合に「売掛債権はファクタリング会社が所有している」ということを証明できます。

    つまり、ファクタリング業者としては利用者による売掛金の持ち逃げや二重譲渡などでの損失を心配することなく、審査基準を下げて取引額増加を図ることができるというわけです。

    債権譲渡登記をする売掛先を含む第三者にファクタリング利用の事実が知れてしまう可能性はありますが、必ずばれてしまうというわけではありませんし、基本的に投棄に必要な手続きはすべてファクタリング業者が無償で代行してくれます。

    ですので、事業者としての対面よりも資金調達の成否が優先するのであれば、「債権譲渡登記」を求めてくるファクタリング業者をあえて選択する、というのも一つの方法です。

    審査通過率を公式HPで公開している

    ファクタリング業者の中には、資金調達しやすいことをユーザーにアピールすべく、自サービスへの申し込み総数に対する審査通過数の比率、つまり審査通過率を公式HPなどで公開しているところがあります。

    当然ながら、審査通過率が非公開であるところより公開しているところのほうが、公開しているなら少しでも通過率が高い方が審査は甘い傾向にあるため、事前にリサーチをして少しでも審査通過率が高い業者を探しておくと、いざというとき役立ちます。

    なお、公式HP上に「請求書・売掛金の買取率〇〇%」と、似たような表記をしているファクタリング業者があります。

    この表記には、「買取できた率が〇〇%」という意味のほかに、『買取額が売掛金の〇〇%」 という意味である場合もあるため、どちらのことなにかしっかり確認するようにしましょう。                              

    融資より甘いファクタリング審査の通過率をよりUpする3つの秘訣

    今回、審査通過率だけではなくあらゆる方面から、審査が甘く資金調達に成功しやすい、ファクタリング業者を厳選して紹介しましたが、それでもまだ審査に不安があるとか、もっと確実性を上げる方法はないか、と思ってる方も多い事でしょう。

    そこでこの項では、融資より審査の甘いファクタリング利用時の審査通過率を、さらに向上させるために心得ておきたいポイントを、以下の通り3つ挙げておきます。

    2社間取引より3社間取引が◎

    決済日が近い売掛債権を選ぶ

    取引履歴のある業者を選ぶ

    3社間取引のほうが2社間取引より審査甘め

    ファクタリングには、売掛先に売掛債権をファクタリング業者に譲渡(買取)することを通知し了解を得る3社間取引と、それが必要ない2社間取引という2種類の取引形態があり、各ファクタリング業者はそのどちらか、もしくは両方を取り扱っています。

    そして、売掛先が契約に介入し、譲渡された売掛債権の決済日が来ると、売掛先から直接ファクタリング業者に代金が入金される3社間取引のほうが、契約に一切売掛先が関与せず申込者がいったん売掛代金を受け取ったのち、業者へ入金を行う2社間取引のほうが「買取代金の回収漏れ」のリスクが発生しやすいです。

    そのため、たいていの場合2社間取引より回収漏れのリスクが低い3社間取引のほうが、2社間取引よりも審査基準が低いため、売掛先の理解を得られる状況であり、かつ審査通過率をより高めたいのであれば、3社間取引をチョイスしましょう。

    ただし、ファクタリング業者の店舗に来店したり、担当者の訪問を受けて審査・契約を行うのではなく、すべての手続き・契約を非接触で完結できる「オンラインファクタリング」は、2社間取引しか取り扱いがないので注意しましょう。

    また、近年ではファクタリング専用の口座を作成・利用し、売掛金決済からファクタリング業者への入金までのプロセスを、その口座を管理会社が介入する「2.5社間取引・ファクタリング」というものも存在します。

    口座管理会社が介入することで、ファクタリング事業者にとって最大のリスクともいえる「買取代金の回収漏れ」を防止できるため、申し込み後の審査基準がやや甘くなる、つまり審査通過率がUPするのです。

    さらに、この2.5間取引はリスクが低下する分、売掛金売却時に発生する手数料も、2社間取引より安いのも大きなメリットですが、いかんせんまだ取り扱っているファクタリング業者がそれほど多くありません。

    できるだけ決済日の近い売掛債権を買取に回す

    銀行融資や金融機関によるローンでも同じことが言えますが、債権の決済日(支払い日)が遠ければ遠いほど、融資やローンの可否を判断する審査基準は厳しくなりますし、金利も高くなります。

    これは、債権の決済日が遠くなり、その間に何らかの理由で債務者の経済状況が悪化すると債権未回収のリスクが高まるため、リスクを回避するため審査基準を厳しくし、リスク発生時の損害を補填すべく、金利を高く設定するわけです。

    ファクタリングにおいても、売掛債権の決済日が遠いと、売掛先の倒産などといった不測の事態によって、売掛金が未回収になるひいては利用者からの入金が難しくなるリスクがあるため、審査基準を厳しくしておく必要があるのです。

    というより、半年・1年と売掛金の決済日が非常に遠い場合、審査が厳しくなるどころか、売掛債権の買取そのものを断られることも少なくありません。

    ですので、少しでもファクタリング業者による審査通過率をUPさせたいのであれば、所有している売掛債権の中でも、一番決済日が近い売掛債権を選んで、買取に回したほうが良いでしょう。

    ただ忘れてはいけないのが、ファクタリングを利用して資金調達をする場合必ず手数料が発生しますから、その分受け取れるはずの代金・売り上げが目減りしてしまいます。

    決済日まで近い方が審査に通りやすいとはいえ、数日後や1週間後あたりが決済日だった場合、交渉や説得で資金が必要となるまでの時間を稼いだり、売掛先と交渉して決済日を速めてもらうなどといった、売掛代金の目減りを防ぐ策を講じてみるのも手です。

    初取引より取引歴のあるファクタリング業者のほうが通過率UP

    融資やローンなどの借入の場合、いかに申し込みをした法人・個人事業主の営業実績が良くても、信用情報にキズが一切なくても、担保や保証人での立てない限り貸付総額つまり、資金調達できる金額には限界があります。

    そして、完済する前に同じところから貸付を受けようとすると、「まだ以前の貸付を完済していないのに、新たな貸付を申し込むとは、経営に不安要素があるのかもしれない」と判断され、診査においてマイナス評価されかねないのです。

    一方、ファクタリングの場合は貸付ではなくあくまでも買取ですから、業者側の買取限度額の範囲内であれば、いくら分の売掛金を買取に出しても、何度ファクタリングを申し込んでも問題ありません。

    それどころか、同じファクタリング業者で過去に売掛金を買取してもらい、その入金まで滞りなく終わった取引履歴があれば、初回取引時より審査基準が緩み、通過率がアップする可能性もあるのです。

    さらに、貸付の申し込みは短期間に何度も行うと、信用情報的に「申込ブラック」状態となり、新規貸付審査が極端に通りにくくなりますが、ファクタリングには申込ブラックなんて存在しませんから、信用情報を気にせず同時に複数申し込みをしてかまいません。

    審査の甘いファクタリングに関するよくある質問・Q&A集

    最後に審査が甘い、審査通過率の良いつまり資金調達しやすいファクタリングに関連するよくある質問や疑問点を、その回答とともにいくつか紹介しておきますので、参考にしてみてください。

    過去に一度、ファクタリングを申し込んだが手数料などの条件が気に入らず断わった業者に再び申し込んだ場合、審査が厳しくなってしまうことはありますか?
    基本的に、ファクタリングの審査は売掛先の信用度(売掛金を回収できる信頼性)を重視して行われるため、一度断ったところに再度申し込んだからと言って、その事実だけで極端に審査の難易度が上がるということはないでしょう。ただし、ファクタリング業者も一定のコストをかけ、手続きと審査を進めていますから、何度も何度も断り続けていると申込者に対する心証が悪くなり、審査に通過しにくくなる可能性はあります。
    建設業を営んでいますが、総合型のファクタリングより建設業界特化型のファクタリングに申し込んだ方が、審査に通りやすいということはあるのでしょうか?
    業界特化型のファクタリングを提供している又は歌っているファクタリング業者には、当該業界の出身者や業界の事情に明るいスタッフが、在籍していることが多くなります。そのため、売掛先が一般的には知名度が低くとも、業界的に名の知れた企業だった場合、総合型ファクタリングより審査に通りやすくなる可能性はあるでしょう。
    ズバリ、「審査なし!」と言っているファクタリング業者は怪しいですか?
    はい。銀行融資や金融機関のローンと比較して、ファクタリングの審査が圧倒的に基準が甘く通りやすいのは確かですが、買取した売掛金に未回収のリスクがある以上、審査のないファクタリングは成立しません。「審査なし」を謡っているファクタリングは悪徳業者か、その皮をかぶった貸金業者の可能性が高いため、絶対に手を出さないようにしましょう。