クルーズバケーション、独ハパグロイドのGSAに

  • 2017年1月5日(木)

 クルーズバケーションは1月1日から、ドイツのクルーズ船社であるハパグロイド・クルーズの日本地区販売総代理店(GSA)業務を開始した。クルーズバケーションは1997年から2012年まで同船社のGSAを担当。その後は郵船クルーズがGSAを務めていたが、今年から再びGSA業務を開始した。

 ハパグロイド・クルーズは「ベルリッツ・クルーズ・ガイド」で最高ランクの「5つ星プラス」の評価を得ているラグジュアリー船「オイローパ」(総トン数:2万8890トン、乗客定員:408名)と「オイローパ2」(総トン数:4万トン、乗客定員:516名)を所有。探検船の「ハンセアティック」と「ブレーメン」も運航している。

 クルーズバケーションによれば、船内の使用言語はドイツ語が中心だが、「オイローパ2」は外国人向けに建造されており英語も使われているため、日本人にも十分に楽しめるという。

■海外ニュース

マネパカード1
ベルトラ
ビズリーチ
ワンクリックアンケート

勤め先はプレミアムフライデーを導入しますか?

投票する

助成金・補助金情報

一覧

「【香川県】旅行業者等向け補助金制度 高松観光コンベンション・ビューロー」
香川県高松市をクライアントへ企画提案 企業限定 受注型団体旅行 < 企業コンベンシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ