グアム、光森代表の退任で慰労会、後任は10月3日に発表

  • 2016年9月27日(火)

(写真中央)光森氏
 グアム政府観光局(GVB)は9月26日、同局日本代表の光森裕二氏が30日付で退任することにともない、都内で「退任慰労パーティー」を開催した。光森氏は1993年にGVBに入局後、24年間に渡り日本市場の拡大に貢献。後任の日本代表は10月3日に発表するという。

 パーティーでは、GVBが光森氏に感謝状やグアム名誉市民の認定証などを贈呈。光森氏は24年間を振り返り「ただ居るだけの観光局ではなく、外へ出ていく観光局」という方針のもと、街頭でパンフレットを配布するなど積極的なプロモーション活動を実施したことを説明し、GVBのスタッフや旅行会社、航空会社などの関係者に謝意を表した。

 パーティーで登壇したGVB局長兼CEOのジョン・ネイサン・デナイト氏は、光森氏について「勤勉で、熱心で、頼れて、見識や義務感があり、優秀で、思慮に富んでいる」と高く評価。日本旅行業協会(JATA)事務局長の越智良典氏は「グアムはリピーターが多いため、訪問者数を拡大していくのは厳しいこと」と説明した上で、光森氏が「スポーツや修学旅行、MICEなど多様な需要の開拓」を進めたとして、その功績をたたえた。

 GVBによると、2015年度(14年10月~15年9月)の日本人訪問者数は円安の影響などにより前年比5.6%減の77万9405人となったものの、16年度は10月から8月までの累計で3.2%減の68万7627人と、減少幅を縮小している。GVBは17年度の目標として14年度並みの80万人を掲げている。

■海外ニュース

デルタ航空 羽田/ミネアポリス線就航
ユナイテッド航空 ブッキングキャンペーン
ビズリーチ
ワンクリックアンケート

昨年業務において影響が大きかったのは?

投票する

助成金・補助金情報

一覧

「【香川県】旅行業者等向け補助金制度 高松観光コンベンション・ビューロー」
香川県高松市をクライアントへ企画提案 企業限定 受注型団体旅行 < 企業コンベンシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ