モナコ、治安の良さをアピール、MICE誘致を強化

  • 2016年6月15日(水)

セミナーの参加者  モナコ政府観光会議局は先ごろ、旅行会社とメディア向けにセミナーを開催した。現地からは局次長のギィ・アントニエリ氏と、広報部長のコリーヌ・キアブスキ氏が来日し、モナコの魅力と最新情報を紹介。また、モンテカルロSBMとフェアモント・モンテカルロの現地ホテル2社も参加し、両社の施設をアピールした。

 同局日本事務所ディレクターの岩本久美氏は、近年の日本人宿泊数は年間9000泊から1万2000泊程度で推移しているが、2015年はパリでのテロ事件などの影響を受けて8000泊にまで落ち込んだことを説明。その上で、700人の警官や400台の監視カメラを街中に配備し、治安維持に努めていることをアピールした。

 岩本氏は16年の宿泊数の目標については非公開としたが、15年も8000泊のうち580泊が国際会議などのMICEによるものだったことから、MICEの開催地としての伝統と魅力を改めてアピールする考えを示した。そのほか、ヨーロッパ南部を巡るツアーの滞在地の1つとしても提案し、宿泊数の回復をめざしたいとした。

 プレゼンテーションでは、モンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団や、一般社団法人夜景観光コンベンションビューローが「世界新3大夜景」として認定した夜景、毎年3月に開催するモナコランなどを観光素材として紹介。また、今年に日本とモナコが外交関係樹立10周年を迎えることを説明した上で「モナコ少年合唱団による来日公演など、さまざまなイベントがおこなわれる。10周年にあわせた商品造成をお願いしたい」と参加者に呼びかけた。

■海外ニュース

クルーズアンケート
LINEスタンプ
ビズリーチ
ワンクリックアンケート

朝は何時に起きてますか?

投票する

助成金・補助金情報

一覧

「【香川県】旅行業者等向け補助金制度 高松観光コンベンション・ビューロー」
香川県高松市をクライアントへ企画提案 企業限定 受注型団体旅行 < 企業コンベンシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ