観光庁、国立博物館でUベニューセミナー開催、活用促進へ

  • 2017年2月16日(木)

表慶館の外観  観光庁は2月15日、東京国立博物館の表慶館で「ユニークベニュー活用推進セミナー」を開催した。同庁は昨年度から、MICE誘致の拡大に向けてユニークベニュー活用の促進事業を開始し、11月には迎賓館赤坂離宮で内閣官房長官の主導による交流イベントを開催しているが、活用促進のためのセミナーをユニークベニューで開催するのは今回が初めてとなる。この日は旅行会社や地方自治体などから約60名が参加した。

挨拶する田中氏  冒頭で挨拶した観光庁国際観光課長の田中由紀氏は、ユニークベニューの活用促進が「観光ビジョン実現プログラム2016」においても重点施策として掲げられていることを説明。出席者には「ユニークベニューは重要な資源。利用するための申請手続きなどは煩雑な場合もあるが、施設にとっては維持費用などを稼ぐ手段になる」と語り、施設側にメリットをしっかりと示すことで、利活用を進めることができるとした。

ハッツウェル氏の講演の様子  この日は84のユニークベニューが加盟する「ユニーク・ベニューズ・オブ・ロンドン」のゼネラルマネージャーのリサ・ハッツウェル氏が講演を実施。スペンサー・ハウスやテート・モダン、ロンドン塔などの活用事例を紹介した。また、Business Events Hiroshima代表の下岡憲子氏も「街づくりとユニークベニュー」と題した講演をおこない、その後は有識者によるパネルディスカッションを実施した。

 この日の会場となった表慶館は、1909年に開館した日本初の本格的な美術館で、設計は迎賓館なども手がけた宮廷建築家の片山東熊が担当。明治末期の洋風建築を代表する建物として、78年には重要文化財に指定されている。

■国内・訪日ニュース

マネパカード1
ベルトラ
ビズリーチ
ワンクリックアンケート

勤め先はプレミアムフライデーを導入しますか?

投票する

助成金・補助金情報

一覧

「【香川県】旅行業者等向け補助金制度 高松観光コンベンション・ビューロー」
香川県高松市をクライアントへ企画提案 企業限定 受注型団体旅行 < 企業コンベンシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ