11月の客室利用率は0.4ポイント増の84.4% JCHA調査

  • 2016年12月22日(木)

 全日本シティホテル連盟が調査した会員施設(205軒、3・2万室)の11月の全国平均客室利用率は、対前年同月比0.4ポイント増の84.4%だった。

 地域別では関東の90.0%がトップ。関東89.3%、北陸88.8%、関西88.0%と続く。前年同月と比較すると、北陸の18.9ポイント増、北陸の17.5ポイント増の伸びが目立つ。

 東北は68.7%と最も利用率が低かったものの前年同月からは0.4ポイント増。九州や四国、北海道がマイナスとなった。

 東京都は同0.7ポイント増の90.9%。大阪府は同0.4%ポイント減の88.4%と微減となったが、2大都市圏はいずれも高水準を維持している。

 (16/12/21)


情報提供:トラベルニュース社

■国内・訪日ニュース

デルタ航空 羽田/ミネアポリス線就航
ハワイワークショップ セミナー
ビズリーチ
ワンクリックアンケート

昨年業務において影響が大きかったのは?

投票する

助成金・補助金情報

一覧

「【香川県】旅行業者等向け補助金制度 高松観光コンベンション・ビューロー」
香川県高松市をクライアントへ企画提案 企業限定 受注型団体旅行 < 企業コンベンシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ