観光庁・中核人材育成講座第4回より(3) 外国人目線でFIT対応

  • 2016年12月15日(木)

 3コマ目はやまとごころの村山慶輔社長による「インバウンドの実際 FIT化への対応」。

 インバウンド市場は既得権益やしがらみがなく、切り口や市場次第ではナンバーワンを目指すことができる反面、「日本でしか買えない、日本でしか得られないサービスを提供できないと厳しい」と伝えた。

 村山社長は、外国人目線を理解するには(1)トリップアドバイザーなどの口コミサイトをチェック(2)外国人観光客のニーズを聞いてみる(3)現地のECサイトなどを調べて売れ筋を把握する(4)通訳ガイドや在日外国人を活用する-などを提案。

 訪日リピーターの目線に立って自施設の魅力を検証したり、一施設の点ではなくエリアとしての面でのアピール、体験など訪日旅行テーマ軸の明確化、リピーター客の囲い込みなど具体例を挙げ、FIT化が進むインバウンド誘致の戦略を立てることの必要性を強調した。


(16/12/15)


情報提供:トラベルニュース社

■国内・訪日ニュース


LINEスタンプ
クルーズアンケート
ワンクリックアンケート

朝は何時に起きてますか?

投票する

助成金・補助金情報

一覧

「【香川県】旅行業者等向け補助金制度 高松観光コンベンション・ビューロー」
香川県高松市をクライアントへ企画提案 企業限定 受注型団体旅行 < 企業コンベンシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ